学歴社会はもう終わり!多くの人を巻き込み・味方につけた人が人生で勝つ!

あなたも、

「相手の心をつかみ、コミュニケーション能力を高めたい…」「自分の思い通りに周囲を動かしたい…」「圧倒的な問題解決能力をつけ、人生を一変させたい…」「自分を磨きたい、もっとスキルを高めたい…」「トップビジネスマンになりたい…」「年収一億円稼ぐ人になりたい…」「好きな仕事をして、幸せで自由な生活を送りたい…」「人生が変わる技術・テクニックを学びたい…」

など、大きな夢、目標を持っていることでしょう。
さらに今も、ドンドン新しい夢や目標が膨らんできていることでしょう。

そこで、よく考えてみてください。

どうすれば、夢や目標を達成できるのでしょうか?
どんなスキルがあれば、夢や目標を叶えやすいのでしょうか?

そもそも、現代社会に生きる多くの人にとって、
仕事やプライベートでも生涯において不可欠なことがあります。

それは、他人との人間関係です。

ビジネスの世界で成功をおさめるためには…

・商談を成立させるために、取引先とよい関係が作れなければいけません
・自分についてくる、より有能な人材を集めなければいけません
・より大きなプロジェクトを任されるために、
上司から信頼を勝ち取らなくてはいけません
・自分の意見に必ず賛同してくれる、
大きな影響力をもった人物を味方にしなくてはいけません
・上場企業の社長になるにしても、
あなたに出資したい人が集まらなければいけません
・あなたがピンチのときに手を貸してくれる人がいなければいけません
・自分に足りない部分を補ってくれる、
信頼できる仲間がいなくてはいけません

「昇給」や「昇進」はもちろん、「独立」「仕事」など
人生にチャンスを与えてくれるのは、全て他人が関係しています。

友人や家族とのプライベートでも同じことです。
「できる人」のまわりには多くの人が寄ってくるのは当たり前ですが、
全員が、全員「できる人」になることはできません。

でも、良好な人間関係を築けていなければ、

・事あるごとに意見が対立してしまう
・上辺だけの付き合いに時間を浪費してしまう
・いざというときに、本当に頼りになる人間が近くにいない
・ピンチになっても誰も助けてくれない

など、あなたにとってマイナスの要素しか生まれません。
人と関わるという部分は避けては通ることはできないのです。

しかし、もしも、
あなたが望む通りに、いつでも好きなだけ「他人」をコントロールできたら、
あなたにとって最高の人間関係が築けるとは思いませんか?

これらのことを考えると、

「相手を思い通りに動かす誘導技術」
「論理的にも相手にYESと言わせる技術」

この二つがとても重要なスキルになります。

仮に、周りのひとをあなたの思い通りにコントロールできるのなら、
あなたの望ましい方向へ持っていくことが可能です。

そして、そのための具体的に必要なスキルが、

□相手を動かす「コミュニケーション能力」
□最短・最速で最適な解を導く「圧倒的な論理力」・「抽象的思考力」
□感情ではなく、論理的に相手を動かす「交渉・説得の技術」

これらのスキルが身につけば、

人間関係がうまくいくだけでなく、
自分の能力が圧倒的に高まり、
周囲を動かしながら、相手を協力者にすることができます。
一人では成し遂げられないような大きなことも、
動かすことが可能になります。

もし、一生涯使えるスキル、技術が身につけば、
あなたの人生はどんなことにも挑戦可能だと思いませんか?

相手の脳内の情報を書き換える「言語コミュニケーション術」、圧倒的な論理力を徹底的に高める方法とは?

そこで、

□相手を動かす「コミュニケーション能力」
□最短・最速で最適な解を導く「圧倒的な論理力」・「抽象的思考力」
□感情ではなく、論理的に相手を動かす「交渉・説得の技術」

これらのスキルを身につけるために、
最先端の脳科学と認知心理学を取り込んだ
「言語誘導の技術・次世代の言語コミュニケーション術」を学びます。

これは、脳内の物理レベルの情報だけではなく、
心理レベルの情報も含まれ、脳内で認識されるあらゆる情報になります。

ですから、相手の脳内の内部表現をあなたが望むものに書き換えてあげれば、
それが相手の脳内のリアルな情報となり、
あなたが書き換えたとおりに行動するような秘伝の技術です。(悪用は禁止します)

その後、心理臨床の現場での効果が高いことが認められ、
現在では「洗脳の技術」や「催眠療法」だけでなく、
「ビジネス」として利用されるまでに発展しています。

あらゆる問題を最短で解決する能力を苫米地先生から盗め!

もちろん、今回ご紹介する技術は
言語誘導の技術・コミュニケーション術だけではありません。

「私は、論理的ではない、データや根拠がないものには納得できない」
「そもそも内容に根拠がなかったら話にならない」

という方もいらっしゃるでしょう。

特に、ビジネスの現場のセールス、マーケティングに携わる方、
プレゼン・企画を通さないといけない方、商品を販促したい方、
新規プロジェクトを進めている方にとっては、

コミュニケーション能力・交渉術も重要ではあるものの、

「これはすごい!」と論理的にも
相手が納得するような内容で勝負がしたい!賛同を得たい!

そこで、コミュニケーション術・話術だけでなく
これらの能力とは別途、
「圧倒的な論理力」
「客観的な証拠資料などデータを使って議論できる能力」
「最速最短で問題解決へ導くための問題解決能力」
「相手を上回る代案を出す能力」
「相手からNOを言われたときの反論力」

など、「論理力」「ロジック」を徹底的に極めていただきます。

その方法として、「ディベートの技術」を使います。

世界では当たり前!圧倒的な問題解決能力が身につく、ディベートの技術とは何なのか?

そもそも、あなたはディベートというものを知っていますか?
もしくは、実際にディベートをやったことはありますか?

ディベートとは、
ある公的な主題について異なる立場に分かれて議論することを言います。

ディスカッションは、ある公的な主題について議論することを言いますが、
それに加えてディベートは、当事者間の意見対立が前提とされています。

競技として行われるディベートは、その多くが説得力を競い合う形で行われます。

競技ディベートに勝利するためには、
相手を説得し、納得させなくてはいけないのです!

ときには、正しくないものを正しくすることもできるのです!

この点が、私たちの実生活に似ていませんか?

私たちは、資本主義のルールの中で生きているので、
ビジネスが成功しないと御飯を食べることができません。

ですから、儲かるか儲からないか、
その事業はやるべきか、やらないべきか、
その企画を上回る新企画はないのか、
会社をどうやって再び軌道に乗せようか、
そこの会社に投資をしようか?

など、その問題に対する最適な答えを出し続けなければなりません。

そこで、実社会においても「ディベートの技術」が最適なのです。

ディベートの技術を身につけることで、
「論理的思考力」が身に付き、「問題解決能力」を養うことができます。

つまり、“最適な解を最短の時間でだすことができる”のです。

ディベートを極めると、
仕事上で常に限りなく正しい判断を最短時間で下せるようになりますし、
様々な形でビジネスチャンスが舞い込み、
そのチャンスを全てものにすることができるようになります!

もし、これらの圧倒的な論理力を使ったプレゼンができて、
さらにはコミュニケーション術・言語誘導術まで知っていれば、
あなたの人生も、さらにいい方向に加速していくとは思いませんか?

そこで、今回のセミナーでは、
脳機能学者であり、洗脳の専門家でも知られる、
苫米地英人博士がこれらの禁断の技術を直接伝授します。

通常ではめったに話さない「言語術」と
「論理力」を徹底的に極めるための貴重なセミナーです!

天才脳機能学者・苫米地英人が、「次世代のコミュニケーション術」「圧倒的な論理力を極める禁断のディベート術」を直接伝授!

今回、
「次世代のコミュニケーション術」
「圧倒的な論理力を極める禁断のディベート術」
を直接伝授してくれる
苫米地英人博士は、

脳機能学者・認知心理学者・計算言語学者
分析哲学者・実業家でもあります。

大学時代には、アメリカに渡り、マサチューセッツ大学ディベートチームに入り、
ディベートの本場アメリカでトップレベルのディベート競技大会を経験。
アメリカのディベート教育で最も歴史があり、
かつ最も競技性の強い競技ディベートである
NDT(national debate tournament)のディベートを本格的に学びました。
(NDTトップディベーターに朝から晩まで徹底的にしごかれたそうです。)

また、20世紀最大の心理臨床家で世界的な精神科医でもあり、
現代臨床催眠の父でもあるミルトン・エリクソンの方法論についても、
ミルトン・エリクソンの長女であり、
心理臨床家のキャロル・エリクソンから直接指導を受けました。

そして、ご存知の方も多いと思いますが、
世界最大のドキュメンタリー番組である
「ディスカバリーチャンネル」でも
全世界で放映されるなど、特殊な音源刺激を脳の各位に与える機能音源について特集され、
全世界で話題を呼びました。

さらには、コンピューター科学の分野で世界最高峰と言われる
カーネギーメロン大学大学院に進み、
10年に一人しか出ないと言われる計算言語学の博士号を
「日本人初」にして取得し、世界で最初の音声通訳システムを開発し、
CNNで紹介されました。

本業のコンピューター科学分野でも、人工知能に関する研究で、
国の研究機関をサポートするなど、
オウム真理教信者の脱洗脳や、
国松警察庁長官狙撃事件で実行犯の狙撃当日の記憶回復を行うなど、
現在も各国政府の顧問として、軍や政府関係者がテロリストらに
洗脳されることを防ぐ訓練プログラムを開発・指揮しています。

そんな、
天才脳機能学者・苫米地英人博士が直接伝授する禁断のテクニックが
次世代のコミュニケーション術&
圧倒的な論理力を作る禁断のディベートセミナー
です。

ぜひ、他では手に入らない門外不出の
人を動かす言語誘導術・コミュニケーション術を身につけてください。

苫米地先生からのメッセージ

みなさん、こんにちは。            
苫米地英人です。

今回、二年ぶりに本格的なディベートセミナーをやることになりました。

私のレクチャーと、大学リーグの全日本チャンピオンらによるモデルディベート、
並びに、参加者への特別ディベートコーチングを行います。

ディベートを本格的に教えるのは、
沢山の現役、元現役選手たちにも手伝ってもらう必要があり、
また私の時間もかなりつぎ込まなければならないので、
ずっと開催できずにいたが、今回ついに開催にこぎ着けることができました。

ディベートは、言葉のボクシングなどと言われるが、
決して行き当たりばったりの詭弁の技術ではありません。

ディベートの背後には、膨大なディベート理論と、
綿密な技術のあるプロフェッショナルなシステムがあり、
また、ルールのある勝負でもあります。

例えば、プロは当然としても、高校や大学のテニス大会全日本選手レベルに対して、
自己流のテニスの素人が、試合を挑んでも、1ポイントさえ取れないでしょう。
相手にならないということです。

同様に、訓練を受けたディベーターに素人が論戦を挑んでも、全く相手にならない。
それほど、ディベートは洗練されたシステマティックな理論と技術を持っているのです。

かつては、全米ディベートトーナメントリーグ(NDT)の現役選手でもあり、
日本でも沢山の学生ディベートチャンピオンを育てた私が自ら、
ディベートを教えるクラスは、前回開催してから、二年ぶりになります。

実社会でもディベート技術は極めて有用です。
それは私自身の人生が証明しています。


ディベートにおける討論技術もそうですが、
立論や反駁に必要な、データの調査技術、
論の構成技術、反論に対する反駁のコントロールなどをベースとした知識と技術は、
皆さんのプレゼンテーション能力も圧倒的に上げることになるでしょう。

もちろん、日々のコミュニケーション能力も圧倒的に上がり、
アメリカでは、政治やビジネスのリーダーには必修のスキルと理解されています。

また、トーナメントディベートは
制限時間を最大限に活かして論理を多次元的に展開するスキルを訓練するため、
圧倒的に頭の回転の質を高め、速度を上げることができるようになります。

必然的にIQを上げる訓練として最適なのです!

今回のセミナーでは、
本格的なトーナメントディベートのスキルも伝授します。
また、相手の思考、論理を思ったところに誘導する禁断の高等言語誘導テクニックもお教えします。

人生のあらゆる場面で活用できるはずです。

相手が気がつかないうちに相手の心理状態を深く書き換える技術など、
他者の心理に強い影響を与える技術が含まれるため、悪用を禁止します。

厳しい自己責任の同意が果たされることをあらかじめご了承ください。
これを理解している方のみ、ご参加下さい。

苫米地 英人

セミナーの詳細

それでは、今回のセミナーのプログラム(2日間)をご紹介します。

一日目 2月12日(土):13:30 〜 18:00
      第一部:はじめに
「言語コミュニケーション術」と「ディベート術」について
第二部:次世代の言語コミュニケーション術
〜何人もの相手を思いのままに操作してしまう超話術〜
二日目 2月13日(日):13:30 〜 18:00
第三部 圧倒的倫理力を極める!禁断の超ディベート術
【理論】論理脳を強化するトゥールミンロジック論理力の基本「データ」「ワラント」「クレーム」についてストイックシューとは何か?ディスアドバンテージいくつかの基本技術話題の分析ケースの構築肯定・否定側のそれぞれの戦略フローのとり方
【ワーク】モデルディベート二人制模擬試合反駁(肯定例・否定例)第四部 終りに(フリートーク)※プログラム内容は多少変更する場合もございます。予めご了承ください。

カリキュラムを習得することで得られるメリット

◇言語コミュニケーション術を学ぶことで

  • 人を動かし、あなたの思い通りの結果を得る確率が高まる
  • 相手が気がつかないうちに相手の心理状態・変性意識を深く書き換える
  • 脳と心を利用して相手をコントロールできるようになる
  • 情報空間・臨場感空間を支配し、周囲があなたに同調する
  • 周りの人間が自分の味方になる
  • 最新の脳科学と心理学のテクニックがわかる
  • 臨場感空間を支配できるようになる
  • 効果的かつスムーズにプレゼンテーション・新規企画が提案できる
  • 会社や事業セールスNO.1やキャリアアップ・年収アップも可能!
  • 相手の価値基準を変えることができる

ディベート術を学ぶことで

  • 超並列的で圧倒的な「論理的思考・論理力」が身に付く
  • 「セールス」「企画」「新プロジェクト」「商談」など
  • 高確率で結果に結びつくようになる
  • データの信憑性を疑う技術・反論力が身に付く
  • 問題解決力が身に付き、問題提起と同時に解決策を提案できる
  • 相手を上回る代案が出せるようになる
  • 複数の論理を並列的に同時に展開することができるようになる
  • 抽象思考の高い主張・提案ができる
  • 客観的な証拠資料に基づく企画・プレゼン・セールスができるようになる
  • 最高峰のNDTディベートのロジックが身に付く
  • 相手が主張する内容にデータがないことがわかり、簡単に反論できるようになる
  • 相手を説得することが容易になる
  • 説得力・交渉力が身に付き、自分の思い通りの方向へ物事を導けるようになる

こんな場面で使える!

・営業で商談成立

最後に

最後に気になるセミナー参加費です。

今回は苫米地先生がなんと2日間ずっと講義を務めます。
しかも、言語コミュニケーション&ディベート術の内容も
2009年に初公開してから、約2年ぶりに公開します!

特に、「圧倒的な論理力」「人を動かす言語コミュニケーション術」といった、
一生使える禁断のテクニックをマスターできるので本当に貴重な機会です。

この二日間は、あなたの生涯において「財産」となると思います。

そんな本セミナーへの投資額は、
189,000円です。(税込)

しかし、本セミナーへのご参加をいち早くご決断していただいた方に限り、

特別価格 126,000円(税込)でご参加いただけます。

2009年に開催したディベートセミナーの参加費は210,000円でした。
しかし、今回は、
より多くの方に苫米地先生のスキルを学んでいただきたいという思いから、
126,000円という価格に設定させていただきました。

しかし、今回ご用意しているお席の数にも限りがございます。

ご用意しているお席の数は、120名様分です。

これまでの苫米地先生のセミナーは、
ほとんどが即満席。
キャンセル待ちが参加者の人数を上回り、
すべての方に告知をする前にお席が埋まってしまいます。

苫米地先生の新教材には、
販売開始から数週間で初回ロット1000個が完売したものもあります。

今回のセミナーも即満席が予想されます。
お早めにお申し込みください。

ぜひ、最高峰のスキルを手にいれ、
あなたの人生の役に立ててください。

先着20名様限定でVIPコースをご用意しています!

さらに、先着30名様限定で、
「VIPコース」を176.000円にてご提供させていただきます!

▼セミナーへの参加申し込みはコチラ

コース 定員 定価 お申し込み
VIPコース
・前方のお席確保
・少人数制VIPディナー
30名様 176,000円(税込)
VIPコースは満席になりました
通常コース 90名様 126,000円(税込)
レギュラーシートのお申し込みはこちら!

セミナーの詳細

一日目 2月12日(土):13:30 〜 18:00
      第一部:はじめに
「言語コミュニケーション術」と「ディベート術」について
第二部:次世代の言語コミュニケーション術
〜何人もの相手を思いのままに操作してしまう超話術〜
苫米地先生とのVIPディナー ※VIPコース申込者のみ
二日目 2月13日(日):13:30 〜 18:00
第三部 圧倒的倫理力を極める!禁断の超ディベート術
【理論】論理脳を強化するトゥールミンロジック論理力の基本「データ」「ワラント」「クレーム」についてストイックシューとは何か?ディスアドバンテージいくつかの基本技術話題の分析ケースの構築肯定・否定側のそれぞれの戦略フローのとり方
【ワーク】モデルディベート二人制模擬試合反駁(肯定例・否定例)第四部 終りに(フリートーク)

▼セミナーへの参加申し込みはコチラ

コース 定員 定価 お申し込み
VIPコース
・前方のお席確保
・少人数制VIPディナー
30名様 176,000円(税込)
VIPコースは満席になりました
通常コース 90名様 126,000円(税込)
レギュラーシートのお申し込みはこちら!