フォレスト出版

夢や希望の実現を目指す人に、勇気と知恵が湧く情報をコミュニケートします

教育コンテンツ

今のあなたにフィットした情報を見つけてください!

フリーワードスペースで区切って、追加キーワードを入力してください
スペースで区切って、除外キーワードを入力してください
  • ジャンル
  • 著者名
  • 商品タイプ
条件を追加する

該当件数 18件 : 1~5件目表示

  1 2 3 4  
  • ベストセラー『30代でやるべきこと、やってはいけないこと』から始まり、20、40代と大好評を博したシリーズの最新刊!今回は著者と同年代の50代向けの本です。今まで成功哲学を語ってきた著者が、50代のあらゆる心配事を解消する術を指南した、今までとは一味違う内容となっています。

    編集者H

    POSTED BY編集者H

    「50代の特権」そろそろ、心配事を手放し、自分を大切にしていい

    50代になると、40代まではっきりと見えなかった現実が
    目の前にうかび上がってきます。
    仕事、お金、人間関係、健康、このままでいいのか--。

    避けられない多くの問題に直面し、
    心配事やストレスを抱えている人が多くいるという事実があります。
    一方、幸せで、満ち足りた日々を過ごしている
    さっそうとした人も多くいます。

    後者は前者よりも、少しだけ自分のエゴを通して、
    自分を大切にしています。
    エゴを出すことは、50代に与えられた特権です。

    50代がどのような現実に直面するのかを明確にすれば、
    それを解決する術を見つけることが可能です。
    この特権をうまく使いこなすことで、人生はずっと楽になるのです。



    「無常」を意識し“ちょっとエゴに生きる”と楽になる

    あなたは今まで、力の限り頑張ってきました。
    家族やパートナーのため、会社のために
    あなたは身を粉にして貢献してきました。
    その頑張りは相当なもので、あなたに何かを与えられた人は、
    心のどこかで必ず感謝しています。

    そんなあなたには、そろそろ自分を大切にして、
    人生を楽しみながら生きる権利があります。
    ちょっと自分本位に生きても、誰も文句は言えません。
    嫌なことをやめて、少しわがままに生きる権利が、50代にはあるのです。

    あなた自身が人生を楽しむ時期に差しかかっています。
    50代の心配事とストレスをうまく消化し、幸せに過ごしている人はみな、
    自分のエゴで生きている部分があるのです。

    あなたにも、そうする権利がありますし、
    いや、人生は一度しかないので、そうしなければならないのです。

    本書では、他者に迷惑をかけず、幸せに、
    ちょっとエゴに生きるための勘所をご紹介しています。



    視点が変われば、
    お金、人間関係、仕事、健康の心配事がどんどん小さくなっていく

    20代、30代、40代と年代別に
    『やるべきこと、やってはいけないこと』という内容で好評のシリーズを書いてきた著者。
    今回は50代の方々に向けた本で、
    これまで書いた本の中でも最も気持ちを込めて書かれています。

    50代は、「人生はいつも死と隣り合わせである」という
    “無常”を意識しながら生き始める重要な時期だからです。

    仕事、お金、人間関係、知識と教養、品格、健康。
    50代の心配事とストレスを消すために、
    “何をやればいいのか、何をやってはいけないのか”が
    本書では紹介されています。

    「全体を愛することは、自分を愛することである」
    「理性の最後の一歩は、
     理性を超えるものが無数にあるということを認めることだ」

    数学者で哲学者のパスカルは、こう言っています。
    気を楽にして、今より“ちょっと自分本位”に生きて、
    自分を大切にすることで、自分にも周りにもいい効果が生まれるのです。



    本書の内容(章立てと主な項目)

    【第1章 仕事】役割を変えて評価され、ストレスを手放していく
    ・仕事の成果を追い求めるのをやめ、記憶に残る仕事を選り好みする。

    【第2章 お金】お金の不安を消すために、”自分の感情”に投資してあげる
    ・お金を貯める執着をやめ、大切な人にお金を使う快感を味わう。

    【第3章 人】距離感をコントロールして「人間関係」をシンプルにする
    ・特別な経験をした人とつながることをやめ、ひとつ足りない賢人とつながる。

    【第4章 学び】最大のリスク管理は「知性」と「教養」を磨くこと
    ・本質を学ぶ本を読むことをやめ、“自分のかたより”を大切にして若手著者の本を読む。

    【第5章 品格】「魅力の差」は”扱いの違い”になって表れる
    ・信用される人間になるのをやめ、第三者目線を持つ人間になる。

    【第6章 健康】ストイックさ不要の「疲れにくく、病気にならない体」づくり
    ・数値で健康管理するのをやめ、服に合わせた健康管理をする。

    View More
  • View More
  • あなたが、あなたらしく生きるために、もっとも大切なこと・・・ それは『、人間力』です。
    あなたが「、望み通りの人生を思いのままに実現させたい!」と強く願うのなら、 歯科医師であり、ベストセラー作家の井上裕之が、成功するために 最も重要視している【人間力の高め方】をあなたに魂を込めてお伝えします。
    View More
  • 今、日本で最も「潜在意識」について語る資格がある
    著者が書いた「潜在意識」の本

    「人間には、自分でも驚くほど強力な知恵と勇気が隠されている。
    我々は自分の潜在的な力に気づいていないだけである」
    デール・カーネギー(『D・カーネギー名言集』ドロシー・カーネギー編/創元社より)

    潜在意識は「なんとなく怪しいもの」という
    イメージがありますが、自己実現している人は、
    ほぼ例外なく、潜在意識の力を活用しています。

    著者は、潜在意識に関する二大世界的権威のプログラムを長年学び、
    今では、世界的に高い評価を得ている唯一の日本人です。
    また、大学教授でもあり、本業は歯科医で、
    科学の技術に基づいた知識や技術を用いて仕事をしています。

    潜在意識を知りつくし、かつ、科学的視点から説明できる
    著者が書いた「潜在意識」の本です。



    無意識を操れば常に正しい「選択」と「行動」をする
    自分に変わり"自己実現"できる

    潜在意識とは、「エネルギー」であり「知識の貯蔵庫」です。

    この2つを上手く操る人は、
    無意識レベルで正しい「選択」と「行動」が
    できるようになり"自己実現"していきます。

    本書では、具体的に潜在意識の存在をイメージできるよう、
    「潜在意識を使いこなす人」と「使いこなせない人」の
    二極に分けて説明しました。

    「潜在意識を使いこなして自己実現している人」には共通点があり、
    「使いこなせない人」にも共通点があります。
    この両者から典型的なパターンを抽出することにより、
    "やるべきこと" "やってはいけないこと"が明確にわかります。

    「人間関係」「仕事」「お金」「人生」……
    あらゆる問題が解決し、答えが見つかるのです。

    今より"ちょっとだけ"考え方と習慣を変えるだけで、
    人生は大きく変わります。



    自己実現のための51のガイド

    【使いこなす人】
    ・自分の意識を100%操る
    ・「ミッション」と「ビジョン」で達成の軌道に乗る
    ・「共鳴」で"必要な時に必要な人"を引き寄せる
    ・生き金の使い方を知っている
    ・ゾーンに入り、仕事の質とスピードを上げる
    ・"つつある"というアファメーションを使う
    ・「エネルギーの質」で環境と身に付けるものを選ぶ……

    【ムダにする人】
    ・わずか4%の顕在意識しか操らない
    ・感覚を過大評価して達成の軌道から外れる
    ・「偶然の出会い」に期待する
    ・死に金を使う
    ・仕事を作業にして調子を下げる
    ・"なった"という言葉を使う
    ・雰囲気で環境と身に付けるものを選ぶ……

    など51のノウハウを紹介しています。
    View More
  • 時間を無駄にせず、素早く結果を出したいあなたへ。
    結果の出る努力だけ選ぶ方法を知りたくありませんか?

    最短最速で結果が出る「努力の選び方」がわかる!
    井上裕之氏のライフコンパスLIVEセミナーDVD BOXセット。
    View More

該当件数 18件 : 1~5件目表示

  1 2 3 4