フォレスト出版

夢や希望の実現を目指す人に、勇気と知恵が湧く情報をコミュニケートします

書籍

今のあなたにフィットした情報を見つけてください!

フリーワードスペースで区切って、追加キーワードを入力してください
スペースで区切って、除外キーワードを入力してください
  • ジャンル
  • 著者名
  • 商品タイプ
条件を追加する

該当件数 3件 : 1~3件目表示

  1  
  • なぜ、2015年なのか? なぜ、「通貨」と「株」なのか?

    このページをご覧いただき、ありがとうございます。

    本書は各メディアで「的中率NO.1」「お金の神様」として知られる
    カリスマ・エコノミスト、中原圭介氏が
    2015年までの世界経済の動向を大胆予測!

    その上で、どう資産を守っていくべきなのか?

    詳しく解説します。

    そもそも、なぜ、2015年なのか?

    まずは、本文より抜粋した以下の文章をお読みください。

    先に数字を示したとおり、実体経済とマネー経済の不均衡は、リーマンショックで幾分縮小しましたが、米国の大規模かつ長期的な金融緩和により、リーマンショック前の水準に戻ってしまいました。

    このことは、リーマンショック級の危機が、2015年ごろまでにもう一度起こる可能性を示しています。

    仮に、再びリーマンショック級の危機が起これば、世界のマネーの7~8割は欧米の手の中にあるわけですから、危機の到来は欧米経済の衰退を加速させることになるでしょう。

    (中略)

    2012年以降の世界経済は、2011年後半からの弱含みが一段と厳しくなると思います。

    その根拠は、以下のとおりです。
    ・欧州の財政危機とそれに伴う財政再建
    ・米国の雇用回復の遅れと住宅価格の低迷
    ・インフレが定着した新興国の成長減速

    この3つの大きな要因が、2015年くらいまで解消されることなく続くでしょう。

    また、この間は財政再建が先進国の一大テーマになることは確実な情勢です。

    これに、2012年は政治の激変期であるという不安要素が加わります。

    2012年は、世界的に異例とも言える「エレクション・イヤー(選挙の年)」となります。

    (中略)

    選挙が続く状況は、国際秩序を考えたとき、大きな変化を生む要因となりうるでしょう。

    一般に景気が悪いと、現職は選挙で不利になるため、票目当ての短絡的なポピュリスト的政策が出てくる傾向があるからです。

    自国優先を訴え、貿易自由化や経済連携よりも、保護主義が基調になってしまう国家の出現も十分ありうることでしょう。

    先進国の財政再建やそれに伴う世界景気の低迷は政治の弱体化に拍車をかけ、世界経済に激震を走らせることになるかもしれません。

    財政再建が一大テーマの今、
    少なくとも2015年までは
    世界経済の右肩上がりの成長はありえない!

    増やすよりも守る時代。

    あなたにとって、さしあたり大切なのは
    「2015年まで、大切な資産をどう守るか?」なのです。



    金(ゴールド)では、もう資産は守れない!

    不透明な時代の資産運用として思い浮かぶのは
    おそらく金(ゴールド)でしょう。

    にもかかわらず、なぜ「通貨」と「株」なのか?

    以下も、本文からの抜粋です。

    金融市場で混乱が生じると、
    投資家はリスク回避的な行動を強める傾向があります。

    それは、新興国の経済が好調であっても関係ありません。

    欧米から流入した大量の資金が
    新興国市場から一気に引き上げるので、
    新興国の株式市場や債券市場も例外なく急落することになります。

    したがって、経済の先行きに対する不透明さが増せば増すほど、
    金(ゴールド)だけは全体相場に逆行して高くなる傾向にあります。

    事実、リーマンショックやギリシャ危機、欧州債務問題など、
    世界経済の危機が伝えられるたびに、
    世界の投資マネーは株や債券から金などの商品にシフトし、
    金は歴史的な高値で取引されています。

    世界の金融資産の中で金関連の資産はごく一部にすぎず、
    そのことも金相場の上昇を後押ししてきました。

    それでは、今後の金相場はどうなるのでしょうか?

    予想が非常に難しいのですが、私は、
    金はもうピークに近いレベルにまで上がったと
    見るべきだと考えています。

    これから金へ投資しても、大きなリターンは
    望めないかもしれません。

    なぜ、金(ゴールド)ではダメなのか?
    なぜ、「通貨」と「株」で資産を守るべきなのか?

    詳しくは本書をお読みください!



    豪華無料プレゼントあり! 気になる本書の内容は?

    本書の詳しい内容は、以下のとおりです。

    第1章…世界経済はどうなる?
    第2章…欧州経済はどうなる?
    第3章…米国経済はどうなる?
    第4章…新興国経済はどうなる?
    第5章…2015年までの資産運用

    2015年までの経済動向から
    具体的な資産運用法まで、徹底解説。

    さらに、本書をご購読いただいた方限定!

    中原圭介が語る
    『2012~2015年までの経済動向&有望企業』(音声ファイル)
    を、無料プレゼント!
    (個別銘柄についても言及、詳しくは本書の巻末をご覧ください)
    ※音声は、本書巻末に記載のURLより、別途、お客様自身でのお申込みが必要です

    ぜひ、本書を読んで
    あなたの大切な資産を守りぬいてください!
    View More
  • 初心者でも読める!「的中率NO.1」の著者が、
    2011年以降の世界経済を予測!

    このページに来ていただき、ありがとうございます。

    「2011年の世界経済がどうなるのかを知りたい!」
    「経済ニュースが分かるようになりたい!」
    「何に投資をしたらいいのか知りたい!」

    でも今までの本は、難しくてよく理解できない…。

    何となく分かったつもりになっているけど、
    本当に分かっているのか不安…。

    そのように思ったことはありませんか?

    本書は『日経マネー』『セオリーVOl.6』など、
    マネー誌を中心に「的中率NO.1」の呼び声高い著者が
    、 2011年以降の世界経済を予測!

    平易な文章に、用語解説、図解などを加え
    「経済オンチ」でも読めるように工夫しました。

    なぜ、初心者にも読めるような本にしたのか?

    それは…


    マスコミ、銀行、証券会社が、あなたの財布を狙っている!

    中原氏は本書の冒頭で、次のように書いています。


    かねてから米国の住宅バブル崩壊の危機を警告してきた私は、
    著書『サブプライム後の新資産運用』(フォレスト出版刊)で
    国際分散投資や長期資産運用の弱点を指摘し、投資環境の変化から、
    もはや従来のセオリーが通用しないことを強く訴えてきました。

    そうした私のもとには、今でも全国から
    悲痛な叫びの手紙や深刻な相談が多数寄せられています。

    「投資信託に退職金を全部つぎこんだのですが、
    どうしたらいいでしょうか?」
    「証券会社の担当者が絶対大丈夫と言うから投資したのに、
    資産が半分になってしまった」
    「投資で出した損失のことを考えると、将来が不安で夜も眠れません…」

    「貯蓄から投資へ」というスローガンのもと、
    国民に積極的な投資を薦めてきた顛末としては、
    あまりにもお粗末ではないでしょうか?

    最近では、「貯蓄から投資へ」という言葉は、
    ほとんど聞かれないようになりました。

    国や金融関係者を中心に、さんざん投資を煽ってきた挙句、
    この結果を「投資は自己責任」という言葉で片付けてしまって、
    果たしていいものなのでしょうか?

    「騙される方が悪い」と言ってしまえばそれまでかもしれませんが、
    私はこうした手紙を頂くたびに、ぶつけようのない憤りを覚えます。

    (「はじめに」より抜粋)


    国を挙げて煽り立ててきた「投資ブーム」ですが
    これにのった多くの人々が
    2007~2008年の世界金融危機で大切な資産を失いました。

    ブームを扇動してきたマスコミ、銀行、証券会社などの情報を
    鵜呑みにしてはいけません。

    二度と騙されないためには、いったいどうしたらいいのか?

    中原氏は次のように言っています。


    実体経済の大きな流れが分かっていれば、
    米国の住宅バブル崩壊やリーマンショックのような大事件が起こっても、
    資産運用で大きな損失を被ることはありません。

    大事件が起こる前に、リスクの高い金融商品をすべて現金化して、
    万全に備えることができるからです。

    今、あなたに求められているのは、
    「物事の本質」や「経済の本質」を知り、
    「今、世界で何が起こっているのか?」を
    冷静に見極めることではないでしょうか?

    それができれば、資産運用の王道である
    「損を小さく、利益を大きく」を
    堅実に実践することができるようになるはずです。

    (「はじめに」より抜粋)


    経済の大きな流れを捉えるための「本質」とは何か?

    本書で、分かりやすく解説します。

    この他にも…

    • 「国債バブル」による世界経済崩壊の危機が迫っている!
    • アメリカの株価回復は本物ではない!
    • 中国は不動産バブルではない!
    • ユーロは崩壊しない!
    …など、マスコミ、金融関係者が教えてくれない情報満載!

    資産運用、経営などに役立ててください!

    View More
  • ●サブプライム問題を予測した男の「世界恐慌に勝つ投資戦略」とは?

    さっそくですが、本書の著者である中原圭介氏は
    2005年9月に出版した著作『仕手株でしっかり儲ける投資術』(日本実業出版社)
    の中で、すでにサブプライム問題を予測していました。

    本書では、その中原氏が今後の世界予測と資産防衛法を
    具体的に解説します。

    以下は、その抜粋です。

    日経平均が2003年5月初旬に
    バブル崩壊後の安値7609円を付けてから、
    これまでの相場は堅調に推移しており
    個人投資家でも多少の投資技術を持っていれば、
    この2、3年で資産を数倍にすることは十分に可能でした。
    しかし、世界的な株高が続くのは長くてもあと2年と見ています。
    世界経済はアメリカの住宅バブルによる過剰消費によって支えられています。
    バブルはそう遠くない将来に弾けます。
    また、原油高も一段と進み
    早晩80ドルは超えてくると予測しています。
    その結果、世界経済は減速し
    世界的な金余りで株式市場に流れていた投資資金は
    金融商品に怒涛のごとく逃避するでしょう。

    (『仕手株でしっかり儲ける投資術』(日本実業出版社)より抜粋)

    もちろん、サブプライム問題を予測できた人は
    ほかにも多くいるのは事実です。

    しかし、中原氏の一貫した投資戦略と相場観が
    相場に左右されないものであることが証明されたのです!

    本書では、その中原氏が今後の世界動向を予測。
    その上で資産を防衛し、しかも着実に増やしていくために
    あなたが今、何をするべきなのか?
    具体的に解説していきます。


    ●投資環境が変わった!今までのセオリーは、もう通用しない!

    中原氏は、相場環境にされない投資法を実践しているので、
    サブプライム問題による影響をほとんど受けませんでした。

    サブプライム問題の表面化をきっかけに
    世界経済を牽引するアメリカが不景気になれば
    世界恐慌になる可能性は十分にあります。

    さらに、少子高齢化、増税、低賃金、原油・食料価格の高騰など
    国家破産の危機を迎える日本で
    あなたは今、何をするべきなのでしょうか?

    1つ言えるのは、サブプライム問題をきっかけに
    世界的に投資環境が大きく変わってしまったということです。

    今まで常識とされていたセオリーは、もはや通用しないのです。


    ●運用はプロに任せるな!

    例えば、金融工学。

    この10年間で見ても、LTCMの破綻と今回のサブプライム問題に
    いずれも金融好学が深く関わっていました。
    金融工学が役に立たないのは
    その短い歴史の中で、すでに証明済みです。

    しかし、金融工学を否定すると
    金融機関で売られている金融商品の大半が
    売る理由付けを失ってしまいかねません。

    だから、金融の世界では
    いまだに金融工学が権威を持ち続けています。

    そんな中で、運用をプロに任せるのは危険です。

    例えば…

    ■国際分散投資
    ■長期資産運用
    ■投資信託(ETF除く)
    ■FX

    など、一般投資家が資産を増やすセオリーとされている投資法
    または人気のある投資法ですが
    実は、全て危険です。

    その理由についても、本書で解説していきます。


    ●今後の世界経済が読める!何をするべきかが分かる!

    本書の内容は、以下の通りです。

    序章 破綻寸前の日本の現状
    第1章 資産運用の基本1 ~リスクのコントロール方法を身につける~
    第2章 資産運用の基本2 ~世界経済と相場のトレンドの掴み方を身につける~
    第3章 「外貨預金」で資産を守る
    第4章 「株式投資」で資産を増やす
    おわりに 日本経済が生き残る道 ~お金に支配されない人生を送るために~

    リスクのコントロールからトレンドの掴み方まで
    資産運用の基本を丁寧に解説。

    その上で、誰にでもできるシンプルな投資法を提唱していきます。

    今後、世界経済の混乱において
    安心して資産運用をしたい方は、ぜひご一読ください!
    View More

該当件数 3件 : 1~3件目表示

  1