フォレスト出版

夢や希望の実現を目指す人に、勇気と知恵が湧く情報をコミュニケートします

教育コンテンツ

今のあなたにフィットした情報を見つけてください!

フリーワードスペースで区切って、追加キーワードを入力してください
スペースで区切って、除外キーワードを入力してください
  • ジャンル
  • 著者名
  • 商品タイプ
条件を追加する

該当件数 2件 : 1~2件目表示

  1  
  • インドで行われた6日間のリトリートを教材化。

    ▼教材PV
    https://youtu.be/iFRcBL_z6-k


    (内容詳細)
    --------------------------
    【Disc1】思考の放棄
    ---------------------------

    ・知識、経験をあなたに付け加えない教え
    ・あなたの中にすでにあるもの、意識に気付く
    ・マインドと新たな信念
    ・「悟っている」という落とし穴
    ・本当のスピリチュアルの達成は何も必要としない
    ・マインドが作り上げた自己意識
    ・不足と願望しかないエゴの世界
    ・未来という概念について
    ・偽りの時間に気付く瞬間
    ・苦悩の必要性
    ・「もっと時間が必要」という幻想
    ・もっと理解する必要性を放棄する
    ・物質的な世界を支配できるという幻想
    ・思考が理解できない形を超えた「今」
    ・明け渡すと、小さな「私」以上の何かが現れる
    ・偽りの自己の終焉 ~真我の世界~
    ・時間を超えたものの探求
    ・宇宙は静寂から生じた
    ・制限された自己意識を超える
    ・思考を超えた意識に出会う
    ・思考と同一化してしまう「私」
    ・形への自己同一化を断ち切る
    ・静寂は無条件の意識


    ------------------------------------------
    【Disc2】死と死に向かうこと 最強の扉
    ------------------------------------------

    ・未来、過去の方が重要という絶対的信念
    ・時間は今しかないという気づき
    ・解放への一歩~すべてのものは束の間であるから
    ・時間が人間に及ぼす影響
    ・消えゆく形と意識の開花の可能性
    ・死があなたを見つける前に、死を見つけなさい
    ・形とのアイデンティティの終焉
    ・美しい人は、体と「私」を同一化させる
    ・比較を伴った自己意識と優越感
    ・他者よりも優れていないといけないと感じる仕組み
    ・死 ~突然、形がなくなった時のエゴ、思考~
    ・お金、地位、保険、家、築き上げてきた「形」がすべて消え去る時
    ・死刑囚、余命が少ない人で、意識が開花した事例
    ・罪の意識の根源とは
    ・偉大なる死~あるがままに身を任せる~
    ・破産、離婚調停に向き合う人の例
    ・喪失をあるがままにしておく先に起こること
    ・プレゼンスの状態へのアクセスポイント
    ・身を任せる ~抵抗を手放す~
    ・「今」にあるための手段
    ・不幸にする原因は、人生状況ではなく、思考
    ・思考を深刻に受け止めなければ、苦悩はなくなる
    ・僧侶、世捨て人になっても、手放せない思考とは
    ・思考の中毒性
    ・偽りの自己の根源を放棄するということ
    ・体の強烈な生命力を感知する
    ・身体を入り口にして、広大な知性につながる
    ・インナーボディを感じると、奇跡が起こる
    ・全宇宙を生み出す広大な知性、神の知性
    ・考えない自由を得ると、大いなる知性が流れ込む
    ・解釈なしにありのまま見る練習
    ・思考から自由になったその先に起こること
    ・マインドが創り出した自我が消え去る
    ・真我、プレゼンスの私とは?



    ------------------------------------------
    【Disc3】「知らないこと」の力
    ------------------------------------------

    ・マインドを超えた深遠なる智慧
    ・知覚認識の満足は長続きしない
    ・常に新しい経験、形が必要になってしまう仕組み
    ・アシュラムに行っても満足できない理由
    ・『ウパニシャッド』の教え
    ・「それ」はマインドで考えるものではない
    ・究極的な満足は、本当の自分を探し、自分自身であること
    ・アイデンティティが壊れた先にある無条件のプレゼンス
    ・I AMの世界
    ・言葉に出来ない至福感
    ・イエスが言っていたこと
    ・「それ」は主体客体では知りえない
    ・スピリチュアルな恩寵
    ・苦悩の限界「苦悩は幻想である」
    ・人類の無意識が具現化したペインボディ
    ・ペインボディが刺激されたとき
    ・怒りが起こった時の対処方法
    ・あるがままを許せると変化が起こる
    ・アインシュタインのような叡知にアクセスする


    【質疑応答】

    「不正な行為へ反対してしまいます」

    「アシュラムや修道院に行ってプレゼンスの練習を
     することは役立ちますか?」

    「自我の中核を消し去るものとは?」など

    ------------------------------------------
    【Disc4】苦悩への中毒症
    ------------------------------------------

    ・世界からの挑戦を受けた時
    ・形のない「無の空間」を感じる
    ・物体意識に支配される
    ・形を超えた自分を知る
    ・エゴは、争いの状態でないと生き残れない
    ・「苦しみの中毒」になっていることを見る
    ・状況に入り込まず、周りに空間を作る
    ・形を超えた自分自身を知る
    ・プレゼンスの状態とマインドの動き
    ・親が子供を失った場合の明け渡し
    ・人生に起こる災難は恩寵
    ・禁欲は必要で役に立ちますか
    ・悟りに、性生活は不純であるという思考
    ・「問題を持つ自分」というイメージ
    ・「私は純粋でスピリチュアルだ」という盲点
    ・セクシュアリティと思考のプロセスのつながり
    ・性的な感情にプレゼンスを持ち込む
    ・完成形へのあこがれと性的願望


    【質疑応答】

    「なぜ神は意識変容の時間を節約しないのですか?」

    「セクシュアリティとプレゼンスについて」

    「異性と愛ある関係への願望から解放されたい」

    「目覚めてもペインボディはありますか?」

    「人間存在が、異なる資質を持っているですか?」

    「死に恐怖はないですが、死んだあと残される子供のことを
     考えると恐れがあります」など



    ------------------------------------------
    【Disc5】スピリチュアルな修行と抵抗のパターン
    ------------------------------------------

    ・制限を入り口として活用する
    ・受け入れがたい現実と明け渡しの意識
    ・今を受け入れると膨大なパワーが流れ込む
    ・抵抗、エゴからの完全な解放
    ・妥協のないYESが
    ・エゴの自動自己修復プログラム
    ・運転手に突然怒鳴られたときの自己修復
    ・修復する必要は何もない
    ・空間意識の現れ
    ・すべての反応はエゴである
    ・自我の成長は人間の運命
    ・苦悩の始まり
    ・スピリチュアル教師が必要なくなる
    ・エゴの巧妙さ
    ・内面の知性でしか気づけない深い真理
    ・苦悩を創り出すことを許す
    ・カルマの終焉



    【質問回答】

    「なぜ、未顕現から超越意識が生まれたか」

    「様々なマスターが言う、『すべては幻想』を体験したのですか」

    「なぜ愛は両想いでないのか」

    「わかっていてもやってしまいます・・・」など

    ------------------------------------------
    【Disc6】決定的な思い違い
    ------------------------------------------

    ・2つの次元に気付くー顕在化していない次元―
    ・顕在化していない静寂
    ・穏やかな覚醒
    ・外的な経験の終わり
    ・愛は、形と同一化している所には来ない
    ・子供との関係について
    ・制限から抜け出せない事例
    ・プレゼンスはなぜ形なしに存在できるのか

    【質問回答】

    「母親として自己同一化して悩むのは無知ですか」

    「プレゼンスと形は関係していますか?」

    「リトリート終了後、プレゼンスを保つには?」
    View More
  • インドで行われた6日間のリトリートを教材化。

    ▼教材PV
    https://youtu.be/iFRcBL_z6-k


    (内容詳細)
    --------------------------
    【Disc1】思考の放棄
    ---------------------------

    ・知識、経験をあなたに付け加えない教え
    ・あなたの中にすでにあるもの、意識に気付く
    ・マインドと新たな信念
    ・「悟っている」という落とし穴
    ・本当のスピリチュアルの達成は何も必要としない
    ・マインドが作り上げた自己意識
    ・不足と願望しかないエゴの世界
    ・未来という概念について
    ・偽りの時間に気付く瞬間
    ・苦悩の必要性
    ・「もっと時間が必要」という幻想
    ・もっと理解する必要性を放棄する
    ・物質的な世界を支配できるという幻想
    ・思考が理解できない形を超えた「今」
    ・明け渡すと、小さな「私」以上の何かが現れる
    ・偽りの自己の終焉 ~真我の世界~
    ・時間を超えたものの探求
    ・宇宙は静寂から生じた
    ・制限された自己意識を超える
    ・思考を超えた意識に出会う
    ・思考と同一化してしまう「私」
    ・形への自己同一化を断ち切る
    ・静寂は無条件の意識


    ------------------------------------------
    【Disc2】死と死に向かうこと 最強の扉
    ------------------------------------------

    ・未来、過去の方が重要という絶対的信念
    ・時間は今しかないという気づき
    ・解放への一歩~すべてのものは束の間であるから
    ・時間が人間に及ぼす影響
    ・消えゆく形と意識の開花の可能性
    ・死があなたを見つける前に、死を見つけなさい
    ・形とのアイデンティティの終焉
    ・美しい人は、体と「私」を同一化させる
    ・比較を伴った自己意識と優越感
    ・他者よりも優れていないといけないと感じる仕組み
    ・死 ~突然、形がなくなった時のエゴ、思考~
    ・お金、地位、保険、家、築き上げてきた「形」がすべて消え去る時
    ・死刑囚、余命が少ない人で、意識が開花した事例
    ・罪の意識の根源とは
    ・偉大なる死~あるがままに身を任せる~
    ・破産、離婚調停に向き合う人の例
    ・喪失をあるがままにしておく先に起こること
    ・プレゼンスの状態へのアクセスポイント
    ・身を任せる ~抵抗を手放す~
    ・「今」にあるための手段
    ・不幸にする原因は、人生状況ではなく、思考
    ・思考を深刻に受け止めなければ、苦悩はなくなる
    ・僧侶、世捨て人になっても、手放せない思考とは
    ・思考の中毒性
    ・偽りの自己の根源を放棄するということ
    ・体の強烈な生命力を感知する
    ・身体を入り口にして、広大な知性につながる
    ・インナーボディを感じると、奇跡が起こる
    ・全宇宙を生み出す広大な知性、神の知性
    ・考えない自由を得ると、大いなる知性が流れ込む
    ・解釈なしにありのまま見る練習
    ・思考から自由になったその先に起こること
    ・マインドが創り出した自我が消え去る
    ・真我、プレゼンスの私とは?



    ------------------------------------------
    【Disc3】「知らないこと」の力
    ------------------------------------------

    ・マインドを超えた深遠なる智慧
    ・知覚認識の満足は長続きしない
    ・常に新しい経験、形が必要になってしまう仕組み
    ・アシュラムに行っても満足できない理由
    ・『ウパニシャッド』の教え
    ・「それ」はマインドで考えるものではない
    ・究極的な満足は、本当の自分を探し、自分自身であること
    ・アイデンティティが壊れた先にある無条件のプレゼンス
    ・I AMの世界
    ・言葉に出来ない至福感
    ・イエスが言っていたこと
    ・「それ」は主体客体では知りえない
    ・スピリチュアルな恩寵
    ・苦悩の限界「苦悩は幻想である」
    ・人類の無意識が具現化したペインボディ
    ・ペインボディが刺激されたとき
    ・怒りが起こった時の対処方法
    ・あるがままを許せると変化が起こる
    ・アインシュタインのような叡知にアクセスする


    【質疑応答】

    「不正な行為へ反対してしまいます」

    「アシュラムや修道院に行ってプレゼンスの練習を
     することは役立ちますか?」

    「自我の中核を消し去るものとは?」など

    ------------------------------------------
    【Disc4】苦悩への中毒症
    ------------------------------------------

    ・世界からの挑戦を受けた時
    ・形のない「無の空間」を感じる
    ・物体意識に支配される
    ・形を超えた自分を知る
    ・エゴは、争いの状態でないと生き残れない
    ・「苦しみの中毒」になっていることを見る
    ・状況に入り込まず、周りに空間を作る
    ・形を超えた自分自身を知る
    ・プレゼンスの状態とマインドの動き
    ・親が子供を失った場合の明け渡し
    ・人生に起こる災難は恩寵
    ・禁欲は必要で役に立ちますか
    ・悟りに、性生活は不純であるという思考
    ・「問題を持つ自分」というイメージ
    ・「私は純粋でスピリチュアルだ」という盲点
    ・セクシュアリティと思考のプロセスのつながり
    ・性的な感情にプレゼンスを持ち込む
    ・完成形へのあこがれと性的願望


    【質疑応答】

    「なぜ神は意識変容の時間を節約しないのですか?」

    「セクシュアリティとプレゼンスについて」

    「異性と愛ある関係への願望から解放されたい」

    「目覚めてもペインボディはありますか?」

    「人間存在が、異なる資質を持っているですか?」

    「死に恐怖はないですが、死んだあと残される子供のことを
     考えると恐れがあります」など



    ------------------------------------------
    【Disc5】スピリチュアルな修行と抵抗のパターン
    ------------------------------------------

    ・制限を入り口として活用する
    ・受け入れがたい現実と明け渡しの意識
    ・今を受け入れると膨大なパワーが流れ込む
    ・抵抗、エゴからの完全な解放
    ・妥協のないYESが
    ・エゴの自動自己修復プログラム
    ・運転手に突然怒鳴られたときの自己修復
    ・修復する必要は何もない
    ・空間意識の現れ
    ・すべての反応はエゴである
    ・自我の成長は人間の運命
    ・苦悩の始まり
    ・スピリチュアル教師が必要なくなる
    ・エゴの巧妙さ
    ・内面の知性でしか気づけない深い真理
    ・苦悩を創り出すことを許す
    ・カルマの終焉



    【質問回答】

    「なぜ、未顕現から超越意識が生まれたか」

    「様々なマスターが言う、『すべては幻想』を体験したのですか」

    「なぜ愛は両想いでないのか」

    「わかっていてもやってしまいます・・・」など

    ------------------------------------------
    【Disc6】決定的な思い違い
    ------------------------------------------

    ・2つの次元に気付くー顕在化していない次元―
    ・顕在化していない静寂
    ・穏やかな覚醒
    ・外的な経験の終わり
    ・愛は、形と同一化している所には来ない
    ・子供との関係について
    ・制限から抜け出せない事例
    ・プレゼンスはなぜ形なしに存在できるのか

    【質問回答】

    「母親として自己同一化して悩むのは無知ですか」

    「プレゼンスと形は関係していますか?」

    「リトリート終了後、プレゼンスを保つには?」
    View More

該当件数 2件 : 1~2件目表示

  1