フォレスト出版

夢や希望の実現を目指す人に、勇気と知恵が湧く情報をコミュニケートします

書籍

  • 多くの起業家、マーケターから伝説の書と呼ばれ、高い評価を受けてきた『オレなら、3秒で売るね!』が待望の復活

    教材として販売しており、弊社サイトからご注文いただけます(書店での販売はございません)。

  • フォレスト出版立ち読みの本棚

  • 「本づくり」と「企画づくり」の舞台裏

今のあなたにフィットした書籍を見つけてください!

フリーワードスペースで区切って、追加キーワードを入力してください
スペースで区切って、除外キーワードを入力してください
  • ジャンル
  • 著者名
条件を追加する

New Book最新書籍のご案内

  • すべて潜在意識のせいでした

    思考の99%を占める「潜在意識」の見直しで人生を好転させよう

    すべて潜在意識のせいでした

    宮増侑嬉(大石洋子) 著

    私は人よりも「悪いこと」を多く経験してきたという決してうれしくはない自信があります。宮増さんのお話しを聞いていくと、今まで経験してきた「悪いこと」はすべて自分の無意識な思考が創り出したのだと言うのです。最初は「そんなバカな!」と驚きの気持ちでいっぱいでしたが、本書を通して腑に落ちることがたくさん出てきました。「たしかに、こんな『嫉妬』が隠れていたのかも」とか「昔の『罪悪感』を今でもずっと引きずって負の連鎖を招いてしまっているかも」とか、思考の見直しをしていくと、スッと心が落ち着いていくのがわかりました。そう考えると、これから新たな壁にぶつかったときも良い方向に改善していくことができるように思えてきます。キーワードは「罪悪感」を手放すこと、です。

    美馬

    POSTED BY美馬

    新着BOOK
  • 抗う練習

    流されて生きるのは、もう、やめよう。

    抗う練習

    印南敦史 著

    本書の「おわりに」でも触れられていますが、JR高円寺駅南口に「バーミィー」というちょっと怪しげなお店があります。伝説の「荻窪ロフト」の元店長とその奥様が開いたアジア料理店で、店内にはところ狭しとアナログレコードが散在(混在?)している、どこかレトロでロックテイストなお店(当然、喫煙可です)。本書『抗う練習』の企画はそんな空間から立ち上がりました。書評家としての印南さんの別の顔がここにあります。

    寺崎

    POSTED BY寺崎

    新着BOOK
  • はかどる技術

    ロジスティクス工学×行動経済学の逆説の効率ハック

    はかどる技術

    鈴木邦成 著

    仕事や勉強を効率的に進める方法を記した本は数多ありますが、本書ほど具体的かつ逆張りの提案をしているものはないはずです。たとえば、「挨拶・アイスブレイクは邪魔」「朝活や朝カフェ勉強はするな」「人生設計は遅いほどよい」……と、「どういうこと?」と面食らう見出しばかり。しかし、物流・ロジスティクス工学と行動経済学をベースに語られると説得力抜群。常識をことごとく破壊し、新しい景色を見せてくれます。これまで、努力してもなかなか成果を出せなかった人でも、ブレイクスルーできるはずです。

    かばを

    POSTED BYかばを

    新着BOOK
  • 1500社の社長を救った虎の巻 経営の極意

    自らも140億円の負債から自立再生し、中小零細企業1500社の社長を救ってきた経営のバイブル、誕生!

    1500社の社長を救った虎の巻 経営の極意

    三條慶八 著

    著者・三條さんのデビュー作『会社と家族を守って借金を返す法』の本づくりをご一緒させていただいてから約9年半、今回、これまでの著作の集大成的な作品を手掛けさせていただく機会に恵まれ、とてもうれしく光栄に思います。三條さんが“会社と家族を守る"経営アドバイザーとして救ってきた経営者は1500人以上。その積み重ねてきた経験・知識・知恵・テクニックをこの1冊に詰め込んでくださいました。まさに、音楽の世界で言えば、ベストアルバムです。今の中小企業制度では、失敗すると再チャレンジできない現状があるなか、中小企業の再チャレンジ制度を改革するために、経営者とともに最後まであきらめることなく懸命に闘う姿勢は、言葉では言い表せないほどの凄みがあります。そんな強い想いも文章からヒシヒシと伝わってくる作品に仕上がりました。

    森上

    POSTED BY森上

    新着BOOK
  • 結果を出す組織は、どんな会議をしているのか?

    意思決定の速度と質が劇的に上がる!

    結果を出す組織は、どんな会議をしているのか?

    相原秀哉 著

    「会議での意思決定が会社の業績を決める。だからこそ、会議のやり方が重要になる」――この相原さんの主張には深くうなずけるとともに、本書で紹介されている「成果を出す会議」にするための数々のテクニックは目からウロコの連続でした。特に、「議論をリアルタイムに可視化する」は、まさしくその通り。発言をすぐに見える化してしまえば、議論の道筋を失うことはありませんし、何より、議事録を作成したり、あとで読み返すという手間が省けます。これはぜひ読者の皆さんにお試しいただきたいです。また、今後、自分が会議に参加する際は、参加者の発言をノートに書き出しながら進めるようにしたいと思います。担当した者が言うのもなんですが、本当にお得な情報が満載の1冊です。

    貝瀬

    POSTED BY貝瀬

    新着BOOK
  • 「存在感」はつくれる

    なぜあの人はいつも選ばれるのか?

    「存在感」はつくれる

    大塚ちづる 著

    会議の場でとくに前のめりで発言はしないけれど、ある人が一言呟くとガラッと場の空気が変わることってありませんか?オフィスではあまり目立つポジションではないけれど、なぜか重要な仕事をいつも任されている人っていませんか?そういう人を見て「人に与える『影響力』が半端ないなあ」とつねづね思っていました。一方で「控えめで目立たないのにどうしていつも選ばれるのだろう?」とも思っていました。その答えは、「存在感(プレゼンス)」の高さにありました。プレゼンスは、本来その人が持っている能力を最大限に引き出してくれる最強の“スキル”と言っても過言ではありません。だから、頑張って目立とうとしなくても人に影響を及ぼすことができるというわけです。プレゼンスは、年齢、性別、業種も関係ありません。ビジネスパーソンであれば高めておいて損はなし。むしろ、得しかありません!

    美馬

    POSTED BY美馬

    新着BOOK
  • 速案 誰よりも速くアイデアを生む15の公式

    速く思いつくことが、仕事を面白くする。

    速案 誰よりも速くアイデアを生む15の公式

    西島知宏 著

    もともと、2016年に出た『思考のスイッチ』という本をリメイクしたのが本書『速案』です。『思考のスイッチ』はとても面白い内容だったのですが、もう少しコンセプトを整理して尖らせればもっと面白くなるのではないかと考えて、著者に西島さんと相談しながら最終的に着地したコンセプトが「誰よりも速くアイデアを生み出す」というもの。アイデア本は過去にたくさん出ていますが、これはどこにもない切り口だと思います。結果、元本とはガラリと違うアイデアの公式本が完成しました。

    寺崎

    POSTED BY寺崎

    新着BOOK
  • 50歳ですが、いまさらNISA始めてもいいですか?

    積立投資は、いつ始めても遅くない!

    50歳ですが、いまさらNISA始めてもいいですか?

    鬼塚祐一 著

    40代後半から50代の知り合いが集まると、たまにこんな会話が生まれます。「もうNISA始めた?」「いやぁ、まだなんだよね……っていうか、いまさら始めても遅いんじゃね?」「だよなー」というもの。アラフィフのあるあるですね。ところが、ある日ぼーっとYouTubeを眺めていたら「50代からの新NISA 知らないと損する!」という気になるサムネイルが目に入り、鬼塚さんというYouTuberが熱弁を振るっています。動画を最後まで観た瞬間・・・「マジか!」と感動に打ち震えました。この本はアラフィフのみなさんの将来に希望を間違いなく与えます。少なくとも私は今、希望に充ち溢れています!激しくおすすめします。

    寺崎

    POSTED BY寺崎

    新着BOOK
  • 99%が知らないSNSの新しい稼ぎ方

    「サブスクP2C」というすごいビジネス

    99%が知らないSNSの新しい稼ぎ方

    新井亨 著

    トップYouTuberの広告収入が全盛期の10分の1になっているという衝撃と同じくらい、いやそれ以上に衝撃を受けたのが、今回の書籍のメインテーマである「P2C」ビジネスです。フォロワー数や再生数は関係なく、フォロワー1000人でも1000万円超を稼ぐことができるのですから。ポイントは、フォロワー数や再生数を増やすことではなく、少ないフォロワー数であっても、そのファンとの関係性を強化し、コアファンになってもらうこと。SNS発信者であれば誰でも可能性があるビジネスであることに、とてもワクワクします。

    森上

    POSTED BY森上

    新着BOOK
  • アイデアの着眼点

    今までにない発想を生み出す

    アイデアの着眼点

    小川仁志 著

    本書は、私がはじめて担当させて頂いた書籍です。入社したばかりの頃、どうしたら面白い企画をつくれるか考えていた中で生まれました。どんなにいいアイデアつくろうと頑張っても、自分の頭の中だけで考えているうちは、なかなかうまくいかないと実感されている方も少なくないのではないでしょうか。新しいものをつくり出すために、ときには視点を変えて考えることも必要です。そんなとき、本書は自分の思考を超えて発想するためのヒントを与えてくれます。アイデア出しに行き詰まっているすべての方におすすめの一冊です。

    山田

    POSTED BY山田

    新着BOOK

Ranking書籍 最新ランキング

  • 書いてはいけない

    日本経済墜落の真相

    書いてはいけない

    森永卓郎 著

    No1
  • ザイム真理教

    それは信者8000万人の巨大カルト

    ザイム真理教

    森永卓郎 著

    No2
  • 否定しない習慣

    いつも「いい人間関係」の人がやっている

    否定しない習慣

    林健太郎 著

    No3
  • 電通マンぼろぼろ日記

    ゴルフ・料亭・×××接待、クライアントは神さまです

    電通マンぼろぼろ日記

    福永耕太郎 著

    No4
  • 君はなぜ働くのか

    あなたにとって、本当に大切なことに気づく本。

    君はなぜ働くのか

    永松茂久 著

    No5
  • 99%が知らないSNSの新しい稼ぎ方

    「サブスクP2C」というすごいビジネス

    99%が知らないSNSの新しい稼ぎ方

    新井亨 著

    No6
    新着
  • 勉強嫌いでもドハマりする勉強麻薬

    やめられない・逃げられない…

    勉強嫌いでもドハマりする勉強麻薬

    海外塾講師ヒラ 著

    No7
  • 君は誰と生きるか

    あなたにとって、本当に大切な人に気づく本。

    君は誰と生きるか

    永松茂久 著

    No8
    ベストセラー
  • 改訂版 お金は寝かせて増やしなさい

    金融のど素人でも資産1億円超え!

    改訂版 お金は寝かせて増やしなさい

    水瀬ケンイチ 著

    No9
  • 50歳ですが、いまさらNISA始めてもいいですか?

    積立投資は、いつ始めても遅くない!

    50歳ですが、いまさらNISA始めてもいいですか?

    鬼塚祐一 著

    No10
    新着