フォレスト出版

夢や希望の実現を目指す人に、勇気と知恵が湧く情報をコミュニケートします

書籍

今のあなたにフィットした情報を見つけてください!

フリーワードスペースで区切って、追加キーワードを入力してください
スペースで区切って、除外キーワードを入力してください
  • ジャンル
  • 著者名
  • 商品タイプ
条件を追加する

該当件数 1件 : 1~1件目表示

  1  
  • 中高をイギリスで過ごし、東大卒業後、起業。有名外資系企業でのマネジメント職を歴任したのち、エグゼクティブ専門のコーチとして活躍する久野和禎さん。そんな超エリートな久野さんに、新人指導の悩みを打ち明けたことからスタートしたこの企画。久野さんにとっても代表作となる1冊になりました。ぜひお読みください!

    杉浦

    POSTED BY杉浦

    【フィードフォワード】で人生が変わった!

    海外支社長も務め、出世コースに乗っていたが、
    会社の指示でリストラを行った結果、閑職に。
    やる気を失い、体調も崩したが、
    フィードフォワードでやりたいことを思い出し、
    社内の事業コンテストで優勝した。
    (国内大手メーカー・男性・52歳)

    「死にたい」「泡になりたい」が口癖だったが、
    フィードフォワードで夢を見つけ、
    「私はすごい」「人生は楽しい」と意識が大きく変わり、
    起業に向けて一歩を踏み出した。
    (外資系企業広報・女性・41歳)

    着任したチームメンバーの残業時間が60~80時間を超えていたが、
    フィードフォワードによって、半年で平均35時間まで減少。
    全社でも指折りの残業の少ない部署に。
    (外資系企業マネージャー・男性・38歳)

    ハードワークのため、妻がワンオペ育児になりがちで
    喧嘩が絶えなかったが、フィードフォワードで
    家族としての夢を共有することで、ぶつかることがなくなった。
    (IT企業・男性・40歳)



    フィードバック、PDCAは機能しない!
    最もシンプルで圧倒的な成果を生む【フィードフォワード】!

    コミュニケーションやマネジメント、
    目標達成のための様々な手法が提唱されています。

    「フィードバック」「PDCA」など、
    聞いたことがある人も多いでしょう。

    取り組んでみた人もいると思います。

    やってみて、結果は出ましたか?
    めんどくさい、複雑……そんなふうに思いませんでしたか?

    実際、「フィードバック」は、
    自信を奪い、相手を萎縮させます。

    する方もされる方も身構え、
    心が重くなります。

    「PDCA」は、チェック機能が多く、
    フィードバック同様、過去を起点にするため、
    クリエイティブになれず、生産的ではありません。

    どちらも結局、「動けない」のです。



    成功者はやっている!
    【フィードフォワード】&【フィードフォワード・アクション】

    これまで言語化されていませんでしたが、
    実際に成功者やうまくいっている組織がやっているのは、
    【フィードフォワード】と【フィードフォワード・アクション】です。

    「これからどうしたいですか?」という問いかけによって、
    「未来を意識してもらう」、これだけです。

    たったこれだけのシンプルな質問で、
    私自身、外資系企業のマネージャーとして、

    ・チームの雰囲気が明るくなる
    ・チームワークがよくなる
    ・仕事が速くなる(生産性が高まり、残業が少なくなる)
    ・大きな売上を上げられるようになる

    という成果を出すことができました。

    しかもこれらは最低限の成果、といった感じです。

    現在は、エグゼクティブ専門のコーチとして、
    冒頭の事例ような成果がクライアントに出ています。

    未来を意識し、未来に働きかけるだけで、
    あなたは成果を上げ、幸せになることができます。

    本書で紹介する【フィードフォワード】という技法は、
    誰でも簡単にマスターできるものです。

    【フィードフォワード】によって、
    個人も組織も高いパフォーマンスを上げることが
    できるようになります。

    本書があなたのすばらしい未来のために、
    少しでもお役に立てることを心より願っております。



    あなたの成果を倍増させる
    読者向け無料4大プレゼントつき!

    本書をご購入くださった方全員に、
    なんと4つの無料プレゼントをご用意しています!

    【1】バランスホイール・シート
    最適なゴールを設定するために、
    本書で紹介しているバランスホイールをつくるためのスペシャルシート。
    個人ではもちろん、家族やチームメンバーのみなさんと
    取り組んでみてください。

    【2】著者が解説!「フィードフォワードとフィードバックの違い」
    本書の著者・久野和禎氏自ら出演する貴重なオリジナル動画。
    エグゼクティブ専門コーチの明快な解説をお楽しみに!

    【3】著者が解説!「PDCAよりFFA」
    今流行りのPDCAはなぜ思うように機能しないのか、
    成功者はなぜPDCAではなくFFAなのか、久野氏がお話しします!

    【4】著者が解説!「フィードフォワードとフィードバックの違い」
    実際にフィードフォワードはどう行われるのか、
    フィードフォワードの開発者である久野氏が
    実際にセッションする様子を公開します!

    ※無料プレゼントは、お客様ご自身で別途お申し込みが必要です。
    ※無料プレゼントは、サイト上で公開するものであり、
     CD・DVD、冊子などをお送りするものではありません。
    ※上記無料プレゼントのご提供は予告なく終了となる場合がございます。
     あらかじめご了承ください。



    本書の内容

    はじめに

    PARTⅠ いますぐできるフィードフォワード
    第1章 フィードフォワードが生んだ奇跡
    1. 一流アスリートはフィードフォワード思考
    ・なでしこジャパンW杯制覇とフィードフォワード思考
    ・思いっきり甲子園を楽しんでみろ
    2. 絶望的な環境でも未来を思い描く
    ・未来を信じられなくなると精神的・身体的に破綻する
    3. 自信を失っていた人たちがフィードフォワードで生まれ変わる
    ・未来を視ることで元気になった家族
    ・出世コースから外れた人が事業コンテストで優勝
    ・元気が戻って未来が視える
    ・「死にたい」「泡になりたい」が口癖だった女性が自信を取り戻す

    第2章 過去に足を引っ張られる日本人
    1. なぜフィードバックは機能しないのか
    ・耳の痛いことを伝えて仕事を立て直す
    ・フィードバックする側もされる側もストレスを感じる
    2. フィードバックが馴染む文化、馴染まない文化
    ・フィードバックは日本人に馴染まない
    ・日常的に感想を言い合う欧米
    ・想いを伝えるには技術が必要
    3. フィードバックは反省にエネルギーを吸い取られる
    ・過去から考えるか、未来から考えるか
    ・フィードバックが足かせになって進めない
    4. これからはPDCAよりFFA
    ・PDCAも私たちを「過去に縛りつける」
    ・4つの工程のうち2つが反省
    ・フィードフォワードは未来思考プランニング
    ・無意識の振り返りが内包されている
    ・最初からゴールがはっきりしていなくてもよい

    第3章 フィードフォワードの基本
    1. フィードフォワードが必要な理由
    ・1ON1ミーティングの重要性
    ・明るく楽しい面談ツール
    2. 私はこのようにフィードフォワードを会社に導入した
    ・フィードフォワードは未来に目を向ける
    ・フィードフォワードをどのように導入したか
    ・フィードフォワードの基本的な流れ
    ・未来に目を向ける問いかけ
    ・部下は積極的に参加し成長
    3. フィードフォワードで個人もチームも活性化した
    ・個人は明るく活動的に
    ・仕事が速くなり残業激減
    ・全社的なフィードフォワードの広がり
    4. フォワーダーとレシーバーという役割
    ・基本はフォワーダー1人とレシーバー1人
    ・フォワーダーはレシーバーの絶対的な味方
      ・フォワーダーは気持ちを整える
    5. フィードフォワードは3つのキーワードで進められる
    ・「最近どうですか?」
    ・「これからどうしたいですか?」「これからどうしますか?」
    ・「もっと先にはどうしたいですか?」「もう少しやることを大きくしてみましょうか?」
    ・実践例から見る3つのキーワード
    6. フォワーダーに大切な聞く力
    ・大きな耳、小さな口、優しい目
    ・愚痴を聞きすぎてはいけない
    ・なぜ話を聞くのか
    7. フィードフォワードに必要な「待つ力」。焦りは禁物
    ・「これからどうしましょうか?」は時間を置いてから聞く
    ・過去を掘り下げることはリスクをともなう
    ・未来に目を向けることで再構築される
    ・「前は◯◯と言っていたよね」というのはタブー
    ・アドバイスを求められたら
    8. フィードフォワードはあらゆる学習パターンに使える
    ・3つの学習パターン
    ・学習パターンによってコミュニケーションは変わる
    ・学習パターン別のサポート
    ・経験していくうちにやり方がわかる

    PARTⅡ 上級フォワーダーへの道
    第4章 レシーバーの抽象度を上げる
    1. 抽象度が高くなると視野が広がる
    ・高所から自分の立ち位置を見る
    ・レシーバーの抽象度を見極める
    ・フィードフォワードで抽象度を上げるとは?
    2. レシーバーの抽象度レベル
    ・レシーバーのレベルとは何か
    ・レシーバーの様子を五感で判断する
    ・相手を思うから成長できる
    ・これからの組織に必要な仕組み
    3. 組織と個人で共通の未来を視る
    ・組織は個人のゴールを尊重し、個人は組織のゴールを尊重する
    ・普段のコミュニケーションでゴールを把握する
    4. 価値観の違う世代間でのコミュニケーションの鍵は抽象度
    ・世代間ギャップを埋めるフィードフォワード
    ・アドバイスしても納得しなければ動かない
    ・褒められて生きてきた世代
    5. 個人のことしか考えられない人の抽象度を上げる
    ・自分と他者との関係について考える
    ・指示するとフリーズする
    ・ゴールを設定して少しずつ抽象度を上げる
    6. 頭のなかに描いたものが相手に投影される
    ・フィードフォワードには抽象度の高さを感じられる場所がよい
    7. 家庭の問題も抽象度を上げると解決する
    ・家庭ではどちらかがフォワーダーに
    ・相手の抽象度をあげる
    8. 一対多で行うフィードフォワード・ミーティング
    ・いつでもどこでもできる

    第5章 レシーバーのゴールを明確にする
    1. ゴールは現状の外に設定する
    ・「すごい」ゴールとは何か
    ・近い目標はかえって難しい
    ・ゴールの抽象度を高める
    2. ゴールはやりたいことかどうか
    ・やりたいことがパワーを生む
    3. ゴールはたくさんあるか
    ・たくさんのゴールの相乗効果
    ・バランスホイールを使ってゴールを設定
    ・セッションの前にバランスホイールを書いてもらう
    ・相手のゴールは異なることを理解する
    4. レシーバーのゴールは必ず肯定する
    ・ゴールを達成したときのことを想像する
    ・ターゲットを明確にするフィードフォワード
    5. ゴールを設定するとコンフォートゾーンが移行する
    ・コンフォートゾーンが2つになる
    ・想像上のコンフォートゾーンをリアルに感じる
    ・コンフォートゾーンを揺さぶる
    ・自分自身がドリームキラーになる
    6. フィードフォワードは進むと再び揉める
    ・やはり変わらないほうがいいのではないか
    ・ゴールは永遠に達成しない

    第6章 レシーバーのエフィカシーを高める
    1. 「自分ならできる」と心から確信する
    ・なぜできると思うのか
    ・エフィカシーは「自分ならできる」と思う度合い
    ・エフィカシーは未来が決める
    2. フィードフォワードでエフィカシーを高める
    ・レシーバーのエフィカシーを確認する
    ・エフィカシーを下げるお金のモノサシ
    ・時間が過去から流れているという思い込み
    ・他人との比較は無意味なのだけど
    3. セルフトークを制するものは人生をも制する
    ・セルフトークは、1日に5万回以上。だから大切
    ・ミスが多いタイプはセルフトークから見直す
    4. 高いゴールを実現するために
    ・「高いゴール」と「自分を信じる力」は車の両輪
    ・エフィカシーの高め方
    5. フォワーダーのエフィカシーの高さが大切
    ・ネガティブな考えを一掃する
    ・エフィカシーとゴールは同時に高まる
    6. 「人を巻き込み動かす力」を身につける
    ・人を巻き込み動かす力
    ・7つの力とフィードフォワード 

    おわりに
    謝辞
    フィードフォワード実践トーク事例
    用語集

    View More

該当件数 1件 : 1~1件目表示

  1