フォレスト出版

夢や希望の実現を目指す人に、勇気と知恵が湧く情報をコミュニケートします

書籍

ハイパフォーマンスを生む超実践的脳科学メソッド「芯観」

自分に合った脳の使い方

石川 大雅 著

1,400円(税抜)
自己啓発/ビジネススキル
自分に合った脳の使い方
Twitter Google+ LINE

その「やり方」で成果が出ないのは、あなたの脳に合っていないだけ。
自分の「脳のクセ」を知って、あなたの脳力を最大化して、パフォーマンスを上げる。
10万人の人生を変えた!今までで一番、実践&再現性を重視した脳科学の本、誕生!



あなたに合った「脳のルーティン」が見つかり、必ず成果が上がる

「必死に頑張っているのに、成果がなかなか出ない」
「学んだとおり実践しているのに、うまくいかない」
「日々のパフォーマンスにムラがある」
「今まで自己投資をしてきたけれど、実践で活用できていない」

そんな悩みを抱えている人には、
ある共通点があります。

それは、
【自分に合った脳の使い方】を知らない
ということです。

あの人が結果を出している「やり方」は、
あなたの脳にとっても合っているとは限りません。

なぜなら、
脳には人それぞれの「クセ」があるから。

自分の「脳のクセ」を知って、
あなたの天才性を最大化して、
パフォーマンスを上げる。

それが本書の使命であり、
あなたが本書を読むメリットです。

では、
自分の「脳のクセ」をどのように知り、
どのように使っていけばいいのか?

それを実現するメソッドが
「芯観」です。

このメソッドは、
著者が、脳科学や心理学を使って、普段の生活や仕事で
どのようにパフォーマンス(生産性)を上げるのかを
40年以上にわたって研究・検証から導き出し、
体系化した実践的脳科学メソッドです。

著者は、
約3万人の成功者にインタビューし、
NTT、NHK、帝国データバンクをはじめとする大企業や、
国会議員、スポーツアスリートなど、
国内のトップ層を中心に10万人の人生を変えてきた人物。

本書でお伝えする内容は、
脳科学や心理学などの「科学」に裏付けされた理論と、
それを著者や著者のクライアントが
現場で「実践」してきたことをまとめた実践智の結晶です。

専門用語はほとんど使わず、
再現性を重視したワークや図を使って、
わかりやすく丁寧に解説しています。

お読みいただけたら、
世の中に存在する
脳科学や心理学をテーマにした本やノウハウとは
一線を画した1冊であることを実感するはずです。

ぜひ本書で
自分に合った「脳の使い方」をマスターしてください。



気になる本書の内容

本書の内容は以下のとおりです。

第1章 なぜあの人は、いつも成果を上げ続けているのか?
「成功者」って、どういう人?
脳科学の視点でわかった、成功者が共通して実践している3つのポイント
脳は、常に「ネガティブ」なことに焦点を当てる
ビジョンを描くと、なぜ脳にいいのか?
ビジョンを描きやすく、脳を安心させる方法
「ビジョンを描く」とは?
「ビジョン」と「目標」の違い
結果につながる「ビジョン」の描き方
「認識」するのではなく、「自覚」する
「認識」から「自覚」に変わる瞬間
なかなか成果が上がらない人が、気づいていないこと
情報洪水時代だからこそ、求められること
発見! 頭でわかっていても、行動できない理由
誰でも複数の「人格」を持っている
満員電車に乗る前と乗った後で、脳は変化している
うまくいくモードを自覚している
失敗するモードに適応している
うまくいかないときは、失敗人格が出ているだけ
天才性を最大限に発揮している
脳を使いこなすためのキーワード「合脳的」
一夜漬けは、記憶に定着しにくい「非合脳的」な行為
「合脳的な脳の使い方」は、一人ひとり異なる

第2章 絶対に失敗する脳の使い方
結果につなげる第一歩は、悪い「脳のクセ」を直す
成果の出ない人がやっている3つの間違い
無意識を使えばうまくいく
成功法則が「無意識」を重要視する2つの理由があるが……
「意識」と「無意識」の間に、明確な境界線は存在しない
無意識に任せる危険
「無意識の意識化」が、パフォーマンスを上げる
意識を活用して、ビジョンや目標を達成する方法
モチベーションを上げる
モチベーションの効果は、長くは続かない
脳が慣れると、ドーパミン分泌量が減っていく
モチベーションが低い自分を責める
モチベーションを上げること自体が目的になってしまう
「モチベーションを上げなくても、勝手に行動できる」たった1つのポイント
行動するための「実感」をつくり出す質問集――「ビジョン・クエスチョン」
成功者は大量に行動している
大量行動ができていた人が、できなくなった!?
脳科学的に、「小さな成功の積み重ね」が大切な理由
「小さな成功を積み重ねる」ための便利ツール
「目標の優先順位を決定するマトリクス」の使い方
「行動が目的に沿っているか」を常に確認する
「ベビーステップ」する前の注意点
合目的な行動をするためのチェックポイント
その行動の「効果性」をチェックするツール

第3章 自分の「成功人格」を自覚する方法
「成功人格」を確立するために
同じ一人の人間なのに、なぜこんなにもパフォーマンスが上下するのか?
誰でも、自分の中にしかない「成功人格」を持っている
成功人格がもたらす3つの効果
常に高いパフォーマンスを発揮することができる
うまくいくときの「心身状態」(ステート)を自覚する
ネガティブな状態からすぐに脱出できる
招待状が受け取りやすくなる
「招待状」に気づけるかどうか
成功人格を確立すると、なぜ「招待状」をもらう機会が増えるのか?
公開!「成功人格」確立メソッドの全貌
「成功人格確立のステップ」実施するときの注意点とルール
圧倒的な効果!「成功人格確立のステップ――書籍バージョン」を実践する

自分だけの「成功の辞書」をつくる――【ステップ1】成功の辞書の作成
・「成功の辞書」作成の際の注意点と重要ポイント
・【ワーク1】 サクセス・パワー・ボキャブラリーの作成
・【ワーク2】 サクセス・パワー・フィーリングの作成

自分にとってパフォーマンスの高い心身状態を確立する――【ステップ2】成功人格の心身状態(ステート)の自覚
・【ワーク3】 サクセス・パワー・ステートの自覚

物語の力で、成功人格を定着させる――【ステップ3】成功人格の確立
・【ワーク4】 成功人格ナラティヴの作成

第4章 自分の「失敗人格」に適応する方法
マイナスの状態を「ゼロ」に戻す技術
うまくいかないとき、誰でも「失敗人格」になっている
「失敗人格」を自覚していない限り、自分では気づけない
人は、自分で気づかない限り、本当の意味で変われない
「失敗人格」に陥るスイッチを見つける
大切なのは、「失敗人格を認めて、受け入れてあげる」
「失敗人格」がもたらす、恐ろしい落とし穴
失敗人格は、できるだけ早く気づくほうがいい
失敗人格は連鎖する
健常者でも、50~60個の失敗人格を持っている
日本人に多い「失敗人格」の典型例
自分の失敗人格に気づく秘策
よく登場する失敗人格がある
パフォーマンスを思い通りにコントロールできる「失敗人格適応のステップ」
公開!「失敗人格」適応メソッドの全貌――5つのステップ&10のワーク
圧倒的な効果!「失敗人格適応のステップ――書籍バージョン」を実践する
「失敗人格適応」のステップ&ワークの狙いと効用

ひそんでいる「失敗人格」をあぶりだす――【ステップ1】自分の中の失敗人格を自覚する
・【ワーク1】 失敗人格の書き出しをする
・失敗人格を書き出すときの4つのルール
・失敗人格脱出の魔法のアクション「ジャンプ、ジャンプ、横」
・「ジャンプ、ジャンプ、横」で、失敗人格を脱出できるメカニズム

「失敗人格」の連鎖を自覚する――【ステップ2】失敗人格の連鎖を発見する
・【ワーク2】 失敗人格の連鎖マップを書き出す
・「失敗人格の連鎖」を線で引くときのルール
・【ワーク3】 強烈な連鎖ルートを特定する

失敗人格を特定して、対処する――【ステップ3】トリガー人格に適応する
・【ワーク4】トリガー人格のスイッチを自覚する
・「底づき感」を味わう効用
・「大きく変われる人」と「いつまで経っても変われない人」の違い

第5章 自分の「天才性」を発揮する
「天才性」と聞いて、「自分には関係ない」「もう聞き飽きた」と思っているあなたへ
実践的脳科学から見た「天才性」の定義
ついに体系化! 天才性を発揮する方法
人間の脳に存在する2つの機能――脳のOS、脳のアプリケーション
2つの機能を、それぞれバージョンアップさせる
どちらの機能を先にバージョンアップさせたほうがいい?
「同じ人間なのに、どうして、こうも違いが生まれてしまうんだろう?」
子供のときにまわりから否定され、社会に出てから開花した「天才性」
あの天才性は、マイナスか、プラスか?
公開! あなたの天才性が眠っている場所
その知識・ノウハウ、宝の持ち腐れにしていないか?
眠った「天才性」を掘り起こす、「個人史」5つのカテゴリー
「個人史」は、「自己分析」とは違う
単に自分の歴史を振り返るだけでは、意味がない
天才性を発揮する5ステップ

天才性を発見する土台をつくる――【ステップ1】事実体験を書き出す
・【ワーク1】 体験や経験を書き出す

自分の天才性にアタリをつける――【ステップ2】天才性の仮説設定をする
・【ワーク2】 天才性を明らかにする

自分が自覚していない天才性を明らかにする――【ステップ3】「創発・発想法」で天才性を組み合わせる
・【ワーク3】 無自覚の天才性を明らかにする

実践とフィードバックを積み重ねる――【ステップ4】現場での実践とフィードバック
・「手段の目的化」を事前回避しながら、自分を動かす3つの秘策
・【ワーク4】 アクション&フィードバックシートに記入する

無自覚のうちにかかっている脳の「遮断」を解く――【ステップ5】メンターの存在を活用する
・無自覚にかかっているRASを外し、心理的盲点に気づく
・メンターの3つの活用方法
・「場」を提供する――メンターの活用方法①
・ストレッチ・アサインメントを実施する――メンターの活用方法②
・振り返り&フィードバックを共有する――メンターの活用方法③

Author著者について

  • 脳科学モデリング研究所代表。株式会社プロ・アライブ取締役会長。
    ハイパフォーマンス・コンサルタント。脳と心の専門家。40年間で約3万人の成功者にインタビューを行ない、「成功者の考え方、行動の仕方、脳の使い方」を誰もが使える形に体系化し、超実践的脳科学メソッド「芯観」を開発。人材育成や組織開発に応用している。
    30年間にわたり、多くの企業や非営利団体に人材・組織開発のコンサルテーションを行ない、今までの指導人数は10万人を超える。ユング研究所をはじめ、心理学、脳科学の専門家からも、その豊富な臨床体験と系統だった実践知識は絶大な信頼を得ている。
    著者HP http://www.pro-alive.jp

    View More

Recommendこの商品をチェックした人は、こんな商品もチェックしています。

  • 残り97%の脳の使い方 ポケット版

    脳の中のイメージが変わると、人生がみるみる変わりだす!

    残り97%の脳の使い方 ポケット版

    苫米地英人 著

    BOOK
  • 潜在意識を使いこなす人 ムダにする人

    自己実現するための51のガイド

    潜在意識を使いこなす人 ムダにする人

    井上裕之 著

    BOOK
  • うまくいきそうでいかない理由

    いつもうまくいく人が無意識にやっている「10秒の習慣」を科学的に解明。

    うまくいきそうでいかない理由

    佐藤由美子 著

    ベストセラーBOOK
  • 1分間瞑想法

    世界一簡単なマインドフルネス瞑想入門

    1分間瞑想法

    吉田昌生 著

    BOOK
  • 一流の達成力

    原田メソッド「オープンウィンドウ64」

    一流の達成力

    原田隆史 著
    柴山健太郎 著

    BOOK
  • 宇宙につながると夢はかなう【新装版】

    しあわせを引き寄せる33の方法

    宇宙につながると夢はかなう【新装版】

    浅見帆帆子 著

    BOOK
  • アイデア大全

    創造力とブレイクスルーを生み出す42のツール

    アイデア大全

    読書猿 著

    ベストセラーBOOK
  • 努力不要論

    脳科学が解く!「がんばっているのに報われない」と思ったら読む本

    努力不要論

    中野信子 著

    BOOK
  • ブレイクスルー!

    自分らしく生きていくための12の壁の壊し方

    ブレイクスルー!

    ジャネットアットウッド 著
    マーシー・シャイモフ 著
    クリスアットウッド 著
    ジェフアフレック 著
    鶴田豊和 訳

    BOOK
  • 自分を貫く

    絶対に目標を達成する9つの方法

    自分を貫く

    ブレンドンバーチャード 著
    プレシ南日子 訳

    BOOK