フォレスト出版

夢や希望の実現を目指す人に、勇気と知恵が湧く情報をコミュニケートします

書籍

なぜあの人はいつも選ばれるのか?

「存在感」はつくれる

大塚 ちづる 著

1,870円(税込)
自己啓発/ビジネススキル BOOK KindleiBookskobokinoppy新着
「存在感」はつくれる
Twitter Google+ LINE

会議の場でとくに前のめりで発言はしないけれど、ある人が一言呟くとガラッと場の空気が変わることってありませんか?オフィスではあまり目立つポジションではないけれど、なぜか重要な仕事をいつも任されている人っていませんか?そういう人を見て「人に与える『影響力』が半端ないなあ」とつねづね思っていました。一方で「控えめで目立たないのにどうしていつも選ばれるのだろう?」とも思っていました。その答えは、「存在感(プレゼンス)」の高さにありました。プレゼンスは、本来その人が持っている能力を最大限に引き出してくれる最強の“スキル”と言っても過言ではありません。だから、頑張って目立とうとしなくても人に影響を及ぼすことができるというわけです。プレゼンスは、年齢、性別、業種も関係ありません。ビジネスパーソンであれば高めておいて損はなし。むしろ、得しかありません!

美馬

POSTED BY美馬

プレゼンスとは、自分の可能性を引き出すための魔法です。

本来備わっている能力を発揮できずにくすぶっている〝もったいない人材〟でいるか?
誰からも一目置かれ、つねに選ばれ続ける〝輝く逸材〟になるか?

誰しもが後者のような存在になりたいと思うでしょう。
そんな存在になるためには、本書でお伝えする「プレゼンス」を高めることが重要です。

プレゼンスは、直訳すると「存在感」となりますが、

◎その場にいるだけで議論をコントロールしてしまう
◎直接話していなくても信頼してしまう
◎つい仕事をお願いしたくなってしまう

こういった場を動かす「影響力」というふうに捉えても良いでしょう。

人は見た目が9割と言いますが、まさにその通りです。自分の本当の可能性は他人の目からは見えません。大事なのは、その可能性を持っている人間だと思わせることです。つまり、その可能性は印象で判断されるということ。名声や肩書きがないからこそ、プレゼンスを磨いて、本当の自分の可能性を示すことが大事になります。

可能性を示すポイントの一つに、「第一印象」があります。第一印象は3〜5秒で決まると言われていますが、相手が成功しているか、重要な仕事を任せられそうか、などのシビアな品定めも約20秒ほどで行なっていると言うのです。

それだけ第一印象が重要ということですが、逆に言えば、最初の20秒さえクリアすれば、プレゼンスは変えられるということです。

控えめで影響力がなくてどんなに目立たない人であっても、プレゼンスに磨きがかかれば、重要な仕事を任せてもらえるようになったり、大事な場面での発言権を得ることができたり、自分の提案が通りやすくなったりします。

それはなぜか?
——プレゼンスは、あなた本来の能力を最大限に引き出してくれるからです。

本書では、そんなプレゼンスの大切さを皆さんに自分事として理解してもらうために、ストーリー仕立てで解説を挟みながら構成しています。日本の外資系企業で働く〝もったいない人材〟が、ニューヨーク帰りのメンターによってプレゼンスを磨かれ、本当の自分の可能性を発揮していくというストーリーです。

舞台設定や登場人物などは架空ですが、ちりばめられているエピソードは、著者がゴールドマン・サックス時代に世界各国の同僚や上司から学んだことやプレゼンスビルダーとして数多くのエグゼクティブにアドバイスをしている中で得たリアルなものです。年齢、性別、業種に関係なく、すべてのビジネスパーソンに役に立つ1冊です。



本書の目次

プロローグ
◎プレゼンスとは?
◎もったいない優秀人材であふれている日本
◎エネルギーレベルを高めてキャリアを「卒業」する
◎タイムコスト意識で自ずと存在感はつくられる
◎プレゼンス否定文化ができた理由
◎集団ではなく「個」で活躍しても良い時代
◎一般人だからこそ「見られ方」が重要
◎第一印象はプレゼンスで変えられる
◎最初の駆け引きは見た目で制される
◎プロとは「一流」であること
◎プレゼンスは可能性を引き出す魔法

本書のコンセプト
第1章 選ばれる人になるための初めの一歩
◎もったいない人材の運命を変えた日
◎プレゼンスがあらゆるチャンスを生み出す
◎「いつも同じ人」であることこそがプロ
◎花柄のワンピースの何がダメ?
◎選ばれるかどうかを左右するアイテム
◎選ばれたいならどんなときでも選ばれる服装で
◎選ばれる人材になれるかどうかの分岐点

第2章 第一印象を変える武器としてのプレゼンス
◎見た目は地味でもいつも心は戦闘モード
◎プレゼンスは100%他人が決めるもの
◎その涙が、変わるきっかけ
◎人は見た目で損をしている
◎自分を知ってもらうにはより多くの打席に立つこと
◎引き算と足し算でプレゼンスを高める
◎身につけるものを心から「イケている」と思えるか?
◎身なりの変化はポストに就く前か後か?
◎上に立つ人ほど「見た目」で存在感をつくる
◎メッセージはいつでもどこでも飛んでいる
◎プレゼンスは自分らしさを表現する最強の武器

第3章 プレゼンスを高める3つの戦略
◎プレゼンスを得るまでの3つのステップ
◎【ステップ1】ゴール=目指す自分の姿を決める
◎最初のゴールは「who」で考える
◎自己イメージを膨らませる「自分への質問票」
◎何かを失ってでも実現させたいゴールかどうか?
◎無限大の可能性を広げる自己分析
◎【ステップ2】一貫性を持たせる
◎「持続できる」ことが信頼を得るための武器になる
◎【ステップ3】戦略的に準備する
◎「何を持っているか?」で人は選ばれる
◎オシャレだけが人を惹きつけるわけではない
◎身につけるアイテムには昇格試験と卒業がある
◎未来の自分をイメージする金曜日の習慣
◎捨てるのが「もったいない」はプレゼンスを損なう「もったいない」行動
◎一貫性があればたまの変化もプラスに働く
◎自信をくれるパワールックを見つける

第4章 人に理解されるためのコミュニケーション
◎「変わった」と思われてからが本当のプレゼンス
◎コミュニケーションは「伝えること」が目的ではない
◎エネルギーレベルを高める表情
◎そのボディランゲージは自己イメージに合っているか?
◎チャンスは叱られるときにも潜んでいる
◎プレゼンス上級者は「謝らない謝り方」で許される
◎閉鎖的に見えてしまう何気ないしぐさ
◎理解されるにはオープンマインドであること
◎好感度を下げないポーカーフェイス
◎一流の人こそ不機嫌な顔は許されない
◎立ち方や歩き方よりも自分に似合う座り方
◎TPOに合った座り方で印象は変えられる
◎立ち方一つで威厳はつくれる
◎プレゼンスを味方につける

第5章 プレゼンスを味方につけるための習慣
◎オンライン画面での存在感のつくり方
◎相手を不快にさせない環境を整える
◎オンラインでは足し算より引き算
◎対面しなくてもエンゲージメントは高められる
◎鏡の中の自分を売り込めるか?
◎習慣化の鍵はわずか6週間
◎「好かれる人」と「支持される人」の違い
◎支持し合える仲間がいるからこそ仕事はうまくいく
◎信頼感を阻害するほどの腰の低さ
◎謙遜するなら自信満々で
◎信頼感を高める心の温度
◎プレゼンス力とパフォーマンスは比例する

第6章 いつも心にエレガントさを秘める
◎年齢を重ねても自慢できる「顔」でいるために
◎エレガントとは敬意を払うこと
◎見栄よりも他人の「快」を求める
◎相手の立場になって初めて敬意は生まれる
◎本気さが人を動かし自分を変える
◎思考にも影響を与えるプレゼンス
◎最高の宣材写真で思考を変える
◎プレゼンスの魔法

エピローグ

謝辞

Author著者について

  • 人事コンサルタント・アドバイザー/エグゼクティブコーチ
    日系総合商社勤務を経て、米金融大手ゴールドマン・サックス証券株式会社ニューヨーク本社とアジアパシフィック支社にて25年以上の人事経験を有する。その間、様々なグローバルリーダー達の信頼できるアドバイザーとして、5,000人以上の人材育成及び管理に携わる。2014年に独立し、グローバル企業での経験を活かしたイノベーティブな働き方を追求、人材育成に特化したコンサルティングを提供。さらなる時代に沿ったソリューション提供を目指し2017年にASG Worksを設立。多種多様な業界のシニアマネージャーのエグゼクティブコーチ・アドバイザーを務めるだけでなく、多数のハイポテンシャルなキャリア女性の育成や、スタートアップ向けの人事コンサルティングも手掛ける。2018年に多業界の女性エグゼクティブが所属する会員制コミュニティー:THE CHOICEを創設。グローバル人材育成に特化した独自開発プログラムである『Presence Builder(プレゼンスビルダー)』や『IMAGE & IMPACT(イメージ&インパクト)』は企業向け、個人向けを問わず好評を博す。専門は、人材・組織開発、リーダーシップタレントマネージメント、ダイバーシティー戦略等。New York Universityにて、Organizational Development(組織開発)認定取得。

    ASG Works:https://www.asgworks.com/
    THE CHOICE:https://www.thechoicenet.com/
    Presence Builder Instagram:presence_builder_salon

    View More

Recommendこの商品をチェックした人は、こんな商品もチェックしています。

  • 速案 誰よりも速くアイデアを生む15の公式

    速く思いつくことが、仕事を面白くする。

    速案 誰よりも速くアイデアを生む15の公式

    西島知宏 著

    新着BOOK
  • 50歳ですが、いまさらNISA始めてもいいですか?

    積立投資は、いつ始めても遅くない!

    50歳ですが、いまさらNISA始めてもいいですか?

    鬼塚祐一 著

    新着BOOK
  • アイデアの着眼点

    今までにない発想を生み出す

    アイデアの着眼点

    小川仁志 著

    新着BOOK
  • 君は誰と生きるか

    あなたにとって、本当に大切な人に気づく本。

    君は誰と生きるか

    永松茂久 著

    ベストセラーBOOK
  • 電通マンぼろぼろ日記

    ゴルフ・料亭・×××接待、クライアントは神さまです

    電通マンぼろぼろ日記

    福永耕太郎 著

    BOOK
  • 改訂版 お金は寝かせて増やしなさい

    金融のど素人でも資産1億円超え!

    改訂版 お金は寝かせて増やしなさい

    水瀬ケンイチ 著

    BOOK
  • 書いてはいけない

    日本経済墜落の真相

    書いてはいけない

    森永卓郎 著

    BOOK
  • 君はなぜ働くのか

    あなたにとって、本当に大切なことに気づく本。

    君はなぜ働くのか

    永松茂久 著

    BOOK
  • 勉強嫌いでもドハマりする勉強麻薬

    やめられない・逃げられない…

    勉強嫌いでもドハマりする勉強麻薬

    海外塾講師ヒラ 著

    BOOK
  • 否定しない習慣

    いつも「いい人間関係」の人がやっている

    否定しない習慣

    林健太郎 著

    BOOK