フォレスト出版

夢や希望の実現を目指す人に、勇気と知恵が湧く情報をコミュニケートします

書籍

今のあなたにフィットした情報を見つけてください!

フリーワードスペースで区切って、追加キーワードを入力してください
スペースで区切って、除外キーワードを入力してください
  • ジャンル
  • 著者名
  • 商品タイプ
条件を追加する

該当件数 2件 : 1~2件目表示

  1  
  • 「叱ることは大事ですが、親の都合で怒ってはいけません
    内村周子(内村航平の母)
    「いつも「一年前といまを比べなさい」と言い続けてきました
    石川勝美(石川遼の父)
    「子どもがつらいときこそ、「大丈夫!」は子どもに安心感という魔法をかけます
    長友りえ(長友佑都の母)
    「親は子どもの才能の第一発見者なのだ
    鈴木宣之(イチローの父)

    調べてみてわかったのですが、アスリートの親御さんが書いた本はわずか30冊ほどと本当に少ないのです。
    だからこそアスリートの親ならではの経験や言葉は非常に貴重なものです。
    今回、私はできる限りすべてのアスリートの親が書いた本を入手し、読みました。
    何冊も読んでいるうちに、科学を超越するくらいの力が親の言葉にあるのかもしれない、そう思うようになりました。
    これは有名アスリートだけに限った話ではありません。本書を手にする親御さんにも同じことが言えます。親御さんの言葉には、子どもの人生を決定づけるようなパワーが備わっているのです。



    著者からのメッセージ

    有名アスリートの親の言葉を収集・研究し、そこに年間でのべ1000人以上のアスリートやその親と接する私の経験則を重ね合わせた際、「子どもを伸ばす」親にはある傾向が見えてきたのです。それは「3つの力」に集約されます。
    ・愛情を注ぐ力
    ・子どもを信じる力
    ・子どもと成長していく力
    これらがどんなものなのか、本書中で解説していきたいと思います。
    では、この3つの力をひっくり返すとどうなるでしょう。
    ・誤った愛情表現をする
    ・子どもの可能性を否定する
    ・自分のことは棚上げする
    ……もし、これらのうち、一つでも心当たりがあるようなら、ぜひ本書を参考に、これまでの子どもとの接し方を変えてみていただきたいと願います。



    もくじ

    はじめに――親を見れば、子どもがわかる

    Chapter1 子育ての不安を励ます言葉
    なぜメンタルコーチになったのか?
    親子関係という奥深きテーマ
    〝正しい答え〟はどこにある?
    すべての土台は信頼関係
    ほんの少しだけ伝え方の工夫
    「脅すコミュニケーション」と「諭すコミュニケーション」
    子どもの自信を育てる方法
    「やりたい!」からスタートしよう
    能力を褒めるか、努力を褒めるか
    「努力」を褒めることは難しい
    必要以上に心配しない

    Chapter2 くじけそうな子どもに効く言葉
    親があきらめてはいけない
    失敗は成長のチャンス
    「大丈夫!」はどのように使うのか?
    自分自身に問いかける
    グリットの伸ばし方
    過去の自分と現在の自分をくらべてみる
    「自分は成長していない」を突破するために
    失敗はすればするほどいい
    損得抜きにバックアップする

    Chapter3 子どもが生まれ変わる言葉
    思い込みのフタ――閉じ込められる選手たち
    よい思い込み、悪い思い込み
    「信じ切る」とはどういうことか?
    結果を残せなかったときの褒めポイント
    「嬉しい!」「楽しい!」を原動力にしよう
    人生を切り開く「自己決定感」
    小さな変化を積み重ねる

    Chapter4 本当の「子どものため」とは何か?
    「ふつうの子育て」ってなんだろう?
    子どもに言ってはいけない悲しい言葉
    喜びは素直に表現していい
    競争はだれとするべきなのか?
    イキイキした姿を子どもに見せていますか?
    家族がエネルギーを生み出すとき

    おわりに――この世で一番大切なもの

    View More
  • 言葉が人を救う

    「負に対する免疫を作るためにはどん底を恐れてはいけない。いやむしろどん底をともにすべきだ」(室伏広治)
    「怪我はチャンス」(本田圭佑)
    「苦しい時や、怒りがこみ上げてきた時に、あえて笑顔を見せたらどうなるかな」(岡崎慎司)
    一流アスリートの言葉をもとに、メンタルを育てる具体的方法を徹底解説。

    挫けそうな時、つらい時、落ち込んだ時、人は言葉によって救われる。
    特に一流アスリートたちの言葉の中には、落ち込んだ人をふるいたたせるだけではなく、その人生にさえ影響を与えるものが数多くある。弱った心に寄り添う言葉をピックアップしながら、著者独自の逆境を乗り越えるメンタル術を公開。



    著者からのメッセージ

    私は多くのアスリートの言葉に触れる中で、ポジティブな言葉を聞くよりも、ネガティブな状態から抜け出す術を学ぶことのほうが大事だと思っています。
    著名アスリートの言動から、私は3つの法則を見いだしました。
    1つ目が、弱気であること。
    2つ目が、自分流を見つけだそうとすること。
    3つ目が、挫折を経験していること。

    彼ら、彼女らの言動を調べてみて、私はポジティブに振る舞いつづけることを疑うようになりました。
    多くの方々が世の中にあふれる「ポジティブに生きよう」というメッセージに同意しながらも、なかなかそれを実践できずにいるのではないでしょうか。
    そんなとき必要になるのが、弱い自分に向き合う覚悟です。
    本書では、アスリートの言葉を解説しながら、読者の皆さんのメンタルをサポートしつつ、自分と向き合っていただくことを目的としました。



    気になる目次

    はじめに――弱いメンタルに成長のチャンスが眠っている

    Chapter1 スタートの不安を励ます言葉
    負けをどう受け止めるか?
    不安があるから前に進める
    アドバイスに迷ったときに
    どうしたら軸が持てるのか?
    「感謝」の持つパワー
    “ダメな自分”とどう向き合うか?
    努力は必ず報われるか?

    Chapter2 挫けそうな心に効く言葉
    どん底を歓迎しよう
    退路を断つ勇気が、前に進む力になる
    イメージトレーニングの本質
    挫折の乗り越え方
    勝つことより大切なもの
    何のために競技をするのか?
    楽しみながら、自分を知る
    今すぐワクワクしよう

    Chapter3 生まれ変わるための言葉
    目標設定で生まれ変わる
    どうすれば成長しやすくなるのか?
    自分の人生を生きる
    努力の質を疑え! 目標を変えろ!
    夢は公言するか、しないか?
    どんなシーンで笑顔を見せるか?
    プレッシャー&ストレスをどうするか?

    Chapter4 夢は続く、終わらない
    夢を叶えたあとで
    人生の目的ってなんですか?
    自利と利他
    変化を楽しめ
    勝利のあとで
    夢を加速させる仕掛け
    厳しさを楽しむ工夫

    おわりに――結果を出すこと以上に大切なこと

    【発行】三五館シンシャ/【発売】フォレスト出版

    View More

該当件数 2件 : 1~2件目表示

  1