フォレスト出版

夢や希望の実現を目指す人に、勇気と知恵が湧く情報をコミュニケートします

書籍

今のあなたにフィットした情報を見つけてください!

フリーワードスペースで区切って、追加キーワードを入力してください
スペースで区切って、除外キーワードを入力してください
  • ジャンル
  • 著者名
  • 商品タイプ
条件を追加する

該当件数 12件 : 11~12件目表示

  1 2 3  
  • 偶然なんかではない。成功を必然的に作り上げる具体的な方法

    あらゆるクライアント先企業の目標を【絶対達成】させ、
    大きな話題を呼んでいるコンサルタント・横山信弘さん。

    横山さんはなぜ
    異なる業界の会社の目標を次つぎと絶対達成し、

    「成功した会社」

    を生みだし続けることができるのか?

    その圧倒的な再現性を誇る
    あの手この手のノウハウ・メソッドを大公開し、
    2時間の映像に凝縮したプログラムが
    この『逆説の成功法則』です。



    成功を手に入れるための「3つの資産」とは?

    『逆説の成功法則』では、本物の成功を手に入れるため、
    あなたに3つの資産を手に入れていただきます。

    3つの資産とは、

    1.金融資産
    2.関係資産
    3.自分資産

    のことで、それぞれ説明します。

    金融資産とは、
    文字通りお金の資産のことです。

                    関係資産とは、
    家族、ビジネスパートナー、お客様、地域などと、
    良い関係性を築いていく事を関係資産と言います。

    人間は一人で生きていけないので、
    良い関係を築いていくことが重要になります。

    そして、3つの資産の中でも一番重要なのが、
    自分資産です。

    自分資産とは、知識、体験、能力など、
    自分自身が培ってきた資産のことで、

    自分資産を築いていくことにより、
    チャンスを掴むことができ、成功を引き寄せることができます。

    自分資産を築く上で重要なのが、
    "無意識的有能状態"の領域を増やすことです。

    無意識的有能状態とは、
    ある物事を意識しなくてもできる状態にすることであり、
    意識しなくてもできることが増えれば、
    多くのことをストレスなくできるようになります。

    例えば、初めて車を運転する時は、
    どうしても緊張し、大きなストレスがかかりますが、

    しばらくして慣れてくると他のことを考えながらでも
    車を運転することができるようになりなりますよね。

    この状態のことを、無意識的有能状態(習慣化)と呼びます。

    この無意識的有能状態を増やすことによって、
    成功のステップを一歩ずつ上がっていくことができます。

    あなたが本当の成功を手に入れて、
    いつまでも幸せな毎日を送るためには、
    一歩一歩着実に階段を上がっていかなければなりません。

    夢や目標を途中で諦めてしまう人は
    みんなステップを一気に飛び越えようとし、
    上手くいかずに挫折してしまっています。

    そうでなく、着実な一歩を続ける事により、
    いつの間にか大きな成功を手に入れているのです。

    この無意識的有能状態の領域を
    ビジネスに広げることができたら
    どんな結果が得られると思いますか?

    会社員であれば、
    横山さんが指導したクライアント先企業の人たちのように、
    目標の数字を当然のようにクリアできるようになり、

    社内での地位や評価が上がり、
    収入も大きく上がっていく事でしょう。

    個人事業や会社経営している人なら、
    より多くの顧客を掴むためのプロモーションを次々こなし、

    「朝10時に○○駅に行く」

    などといった、
    まるで小さな用事を済ますような感覚で
    目標業績を必達させられるようになり、
    長期的に安定したビジネスができるようになります。

    このように、成功=習慣化なのです。

    『逆説の成功法則』で横山さんが語る
    「絶対達成メソッド」は、

    脳科学、NLP理論、行動経済学の
    3つの要素から作られており、

    自分の理想の人生を"設定"し、 それを"実現"させるための習慣を身につけることができます。

    ぜひ『逆説の成功法則』を学び、
    理想の収入や欲しいものを必ず手にできる、
    「絶対達成させる力」を身に付けてください。
    View More
  • 日本版「人を動かす」、誕生!

    チームや組織の力をアップさせよう、
    または、人を動かそうと思うと、
    多くの人は、メンバー個人の能力向上に必死になります。
    「コーチング」「意識調査」
    「面談」「承認」「金銭的報酬」など、
    あらゆる手を使って、「人」を変えようとしがちです。
    しかし、「人」を変えようとしても、
    チームや組織が変わらないのはなぜでしょうか?

    それは、「場の空気」が悪いからです。

    かつての流行語に「KY」という言葉があったように、
    日本人はまわりの空気を読み取る力に長けていることに加えて、
    とても影響されやすいといわれています。
    つまり、良い空気にも悪い空気にも感化されやすいのです。

    「場の空気」が良くなれば、
    人は自らどんどん動き出します!

    目標を絶対達成させる超人気コンサルタントが、
    【NLP理論】【脳科学】【行動経済学】に基づいた
    良い「空気」に変えるための究極メソッドを伝授します。



    気になる本書の内容

    本書の内容は以下のとおりです。

    はじめに――「空気」が良ければ、チームはどんどん変わる

    第1章 チームの「空気」を現状分析せよ――ミッション1
    ・空気次第で、人のパフォーマンスが変わる
    ・「1+1」が2以上のチーム、2以下のチーム
    ・脳は、「空気」に影響される
    ・人の価値基準まで変えてしまう「空気」の影響力
    ・空気の影響は時間に比例する
    ・日本人は、空気に感化されやすい
    ・チームの実力を落とす「悪い空気」
    ・「理想的な空気」に染まる瞬間
    ・人は「空気」で変われる
    ・「空気」の4つの種類
    ・4つのステージと空気の関係
    ・「理想的な空気」の条件
    ・どのようにして空気は変わるか?

    第2章 「悪い空気」の元凶を解明せよ――ミッション2
    ・目に見えない「空気」の恐怖
    ・変わってはいけない価値観の変化を見逃すと、後戻りできなくなる
    ・空気が変わる3つの原因
    ・「社会的手抜き」によって発生する「作話スモッグ」
    ・「外来価値観」によって発生する「作話スモッグ」
    ・「作話スモッグ」に汚染されないためのポイント
    ・場の空気を左右する「可燃人」
    ・「自燃人」と「不燃人」の扱い方
    ・「できる人」よりも「場の空気」を優先する
    ・間違った対策が「空気」の悪化を加速させる
    ・にわかコーチング――間違った対策①
    ・にわかコーチングによる失敗例
    ・「コーチング」がなぜ日本人に通用しにくいのか?
    ・アンケート・意識調査の実施――間違った対策②
    ・アンケート調査が、逆に空気を悪くする!?
    ・過剰承認――間違った対策③
    ・承認レベルと貢献がマッチした承認をする
    ・空気を良くする承認、悪くする承認
    ・金銭的報酬――間違った対策④
    ・金銭報酬以上に大事な報酬
    ・間違った対策をすると、優秀な人ほど去っていく

    第3章 チームの「空気革命」を遂行せよ――ミッション3
    ・悪い空気は必ず浄化される。できなければチームはなくなる
    ・空気を変える、3つの効能
    ・「空気革命」基本テクニック
    ・「空気」に向けて発信する――「空気革命」テクニック①
    ・ぼかさずに、「空気」に向かって、何度も発信する
    ・「コーチング」ではなく「ティーチング」――「空気革命」テクニック②
    ・チームにとって有効なストレスのレベル
    ・正しい承認をする――「空気革命」テクニック③
    ・最初はギクシャクすることを覚悟する

    第4章 「空気」を「流れ」に変えよ――ミッション4
    ・「ストレスなし」で「効果の高い」2つのコミュニケーション技術
    ・作話させる前にフレーミングする――応用テクニック①「プリフレーム」
    ・説教臭くならない話法――応用テクニック②「マイ・フレンド・ジョン」
    ・「上から目線」を取り払って教えたいリーダーにおすすめの話法
    ・頻出の言い訳を蓄積する――応用テクニック③「言い訳データベースで先回りする」 
    ・良い空気を味わう――応用テクニック④「良い『空気』を吸いに行く」
    ・「新しい空気」を持って帰ってくることを重要視する
    ・硬直した空気を柔らかくする技術――応用テクニック⑤「グッド&ニュー」「サンキューレター」
    ・「エア」→「ムード」→「ブーム」

    第5章 「空気革命」の成功者から学べ――ミッション5
    ・「空気」が変わるだけで、チームはこんなに変わる 174
    ・【成功事例1】大胆な新卒採用で「台風の目」をつくり、よどんだ「空気」を一掃した不動産会社社長
    ・【成功事例2】スタッフの好み・得意を生かして「空気」を変えたカフェの店長 181
    ・【成功事例3】部署横断型イベントで「空気」を「社風」にした卸売業の企画部主任
    ・【成功事例4】時間厳守と役割分担で「空気」を変えた地域活性化ボランティアのリーダー

    おわりに――「理想のチーム」への第一歩が始まる
    View More

該当件数 12件 : 11~12件目表示

  1 2 3