フォレスト出版

夢や希望の実現を目指す人に、勇気と知恵が湧く情報をコミュニケートします

書籍

ウォールストリートの歴史

チャールズ ガイスト 著/中山 良雄 訳/入江 吉正

3,800円(税抜)
金融/株・投資・資産運用
ウォールストリートの歴史
Twitter Google+ LINE

書は初のウォールストリート全史である。 これまでウォールストリートの誕生から説き起こし、証券という商品をつくり出して取引する方法に影響を与えてきた金融界や政府のビヘイビアを記した完全な歴史書は存在しなかった。……この200年の間に一般投資家を「冷酷な」証券事業から守るための壁(ウォール)がいろいろとつくられてきた。時に、ぎこちなく見えることもある金融界と連邦政府との関係こそ、ウォールストリートの歴史を貫くテーマである。

●もくじ
日本版刊行によせて/For Japanese Edition
まえがき/Preface
謝 辞/Acknowledgments
序 章/Introduction

第1章 1790-1840 初 期/The Early Years
ブルス/ディナーには15種類のワインを/バトンウッド合意締結/
初の中央銀行/ジラールとアスター/ニューヨーク取引所の発展/
ビドルの銀行/ジャクソン大統領の思惑/ターンパイクと運河/
初期の市場での取引/ギャンブル取引/功利主義と進化論

第2章 1840-1870 鉄道と南北戦争の時代/
The Railroad and Civil War Eras

初期の投資銀行家/ペテン師の国/ジェイコブ・リトルと空売り/
西からのブリザード/ジェイ・クックの出世/南北戦争の資金調達/
「5-20」から「7-30」へ/メフィストフェレスの登場/グールドとゴールド/
クックの会社の倒産

第3章 1870-1890 ロバーバロン/
The Robber Barons

財務省から奪い取る/ダニエル・ドルーの手法/初期の証券引受/
もっと食えない手法/鉄道王ヴァンダービルト/鉄鋼王カーネギー/
石油王ロックフェラー/バロンの金融/メフィストフェレスが再び襲いかかる

第4章 1880-1910 トラストの時代/
The Age of the Trusts

NYSEは前進する/ニュージャージーと持ち株会社法/発明家の誕生/
モルガンの影響が拡大する/産業は再び拡大する/モルガンへの審判/
市場の救世主/石油と鉄鋼

第5章 1890-1920 マネートラスト/
The Money Trust

銀行家の影響力/ピアポントが公の場に/建設的な冒険/トラストへの挑戦/
反トラストの旗手/つながる経営陣/銀行の報酬が上がる/
賠償か、強奪か?/新たな投資家たち

第6章 1920-1929 好景気の20年代/
The Booming Twenties

好景気の裏側/戦争の終結/金本位制/繁栄の予言/クルーゲル帝国/
AAPAの圧力/巧妙な脱税法/パーコレーター理論/コールマネー市場/
シンジケートとプール/投資信託の魅力/市場の大変動/
1929年10月の出来事

第7章 1930-1935 ウォールストリート、ニューディールと出会う/Wall Street Meets the New Deal
忘却の彼方へ/フーバーの陰謀説/ベア・ハントが始まる/
債券の債務不履行/政治の流れが変わる/ペコラ委員会/改革が始まる/
投資銀行と商業銀行/町角の警官/ウォールストリートの抵抗?/
インサル帝国の崩壊

第8章 1936-1954 苦闘は続く/
The Struggle Continues

銀行家とNIRA/ウォールストリートにおける反動/金融機関の再建/
上位による独占/TNEC/競争入札問題/
連邦準備制度がコントロールする/アンチトラスト再び/判決が下される

第9章 1954-1969 ブル・マーケット/Bull Market
市場の回復/軍需産業の発展/流れを捉える/コングロマリット対司法省/
売らんかな主義の登場/消費者ローンが増える/ウォールストリートの苦悩

第10章 1970-1981 ベア・マーケット/Bear Market
ブレトンウッズ体制の崩壊/交渉による手数料/新しい金融商品/
ユーロボンド市場の挑戦/ニューヨーク市の苦悩/
ウォールストリートは拡大する/連邦準備制度理事会の方向転換/
インフレ・スパイラル/連邦準備制度を監視する

第11章 1982-1996 合併狂/Mergermania
ルール415の登場/海外金融機関の参入/合併の動きが始まる/
乗っ取り候補/KKR/ドルと赤字/スワップ市場/暗黒の月曜日/
マーケット・ブレイク/ウォールストリートにおける合併/
ドレクセル・バーナムの衰退/危機は続く/再びお馴染みの議論が/
ウォールストリートの行方

参考文献/Bibliography
年 表/Chronology
索 引/Index

●編集担当者より一言
あのウォール街の全貌がついに明らかに!お待たせしました、
ニューヨーク・タイムズ紙ビジネスベストセラー、ついに邦訳版登場です。
巻末に充実した年表・索引を掲載しており、非常に資料的価値が高く、金融関係者の方々には必ず読んでいただきたい1冊です。

品切れ

Author著者について

  • View More
  • 1952年佐賀県生まれ。早稲田大学政治経済学部中退。貿易商社勤務ののち、雑誌編集者に。『月刊文藝春秋』(文藝春秋)、『週刊ポスト』の記者を経て、現在フリージャーナリスト。『月刊文藝春秋』記者時代、同誌2000年12月号で「『バスジャック少年』両親の手記」を発表し、「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム大賞スクープ賞」を受賞。
    2度の脳疾患で死の瀬戸際に立たされ、さらに3度目の脳梗塞により半身麻痺を患い、現在も療養しながら精力的に取材・執筆活動を続けている。 著書に『死への扉~東海大安楽死殺人』(新潮社)、『早期発見~「シグナル」を見逃すな!』『お医者さんが教える気になる病気のサイン』(以上、大空出版)、『ある日、わが子がモンスターになっていた~西鉄バスジャック犯の真相』(ベストブック)、『漂流する国ニッポン~3・11大震災・福島原発事故で見えた"誰も責任を取らない国"の実相』(フォレスト出版)などがある。

    View More

Related Product著者の関連商品

  • ウォール街の歴史

    世界で唯一のウォール街全史

    ウォール街の歴史

    チャールズガイスト 著
    菅下清廣 監修
    中山良雄 訳
    入江吉正

    BOOK

Recommendこの商品をチェックした人は、こんな商品もチェックしています。

  • ウォール街の歴史

    世界で唯一のウォール街全史

    ウォール街の歴史

    チャールズガイスト 著
    菅下清廣 監修
    中山良雄 訳
    入江吉正

    BOOK
  • 漂流する国 ニッポン

    3.11大震災・福島原発事故で見えた“誰も責任を取らない国”の実相

    漂流する国 ニッポン

    入江吉正 著

    BOOK
  • こころの終末期医療

    スピリチュアルペインを乗り越えて

    こころの終末期医療

    入江吉正 著

    BOOK
  • 「つまらない」がなくなる本

    この本は、きっと「つまらない」と思っているあなたへ  読んだら毎日が楽しくなる

    「つまらない」がなくなる本

    鶴田豊和 著

    BOOK
  • 心に響くことだけをやりなさい!

    一瞬で自分らしく生きられる「パッションテスト」

    心に響くことだけをやりなさい!

    ジャネットアットウッド 著
    クリスアットウッド 著
    鶴田豊和 訳
    ユール洋子 訳

    BOOK
  • あなたの会社が90日で儲かる!

    感情マーケティングでお客をつかむ

    あなたの会社が90日で儲かる!

    神田昌典 著

    BOOK
  • 非常識な成功法則【新装版】

    お金と自由をもたらす8つの習慣

    非常識な成功法則【新装版】

    神田昌典 著

    ベストセラーBOOK
  • 口コミ伝染病

    お客がお客を連れてくる実践プログラム

    口コミ伝染病

    神田昌典 著

    BOOK
  • ブレイクスルー!

    自分らしく生きていくための12の壁の壊し方

    ブレイクスルー!

    ジャネットアットウッド 著
    マーシー・シャイモフ 著
    クリスアットウッド 著
    ジェフアフレック 著
    鶴田豊和 訳

    BOOK
  • 不変のマーケティング

    4000社超の経営者・起業家が、毎月貪り読んだ『幻の原稿』ついに書籍化!

    不変のマーケティング

    神田昌典 著

    BOOK