フォレスト出版

夢や希望の実現を目指す人に、勇気と知恵が湧く情報をコミュニケートします

書籍

スピリチュアルペインを乗り越えて

こころの終末期医療

入江 吉正 著

900円(税抜)
人文/スピリチュアル BOOK KindleiBookskobo
こころの終末期医療
Twitter Google+ LINE

原稿を読みながら、死を迎える患者が抱く魂の痛みというものを考えさせられました。 患者の葛藤、残される家族の気持ち、ケアスタッフのいたわりと、いつか自分自身にも訪れる時、こころ穏やかな人生を感じたい。そんな思いがあふれてきました。

稲川

POSTED BY稲川

あなたが「余命1年」と宣告されたら……

人は死を目前にして感じる魂の痛みがあります。
それは「身体的苦痛」「経済的苦痛」「社会的苦痛」とは別の、
自分自身の内面に向き合う"人生の意味"を求める心の叫びです。

脳梗塞など3度の死の淵から生還した老ジャーナリストが抱いた、
魂の痛みに救いを求め、終末期医療の現場やこれまでの取材を通じて、
魂の痛みの正体を探るとともに、自身の救いを求める旅に……。



これほど"生と死"を身近に感じることはなかった

2017年、これほど"生と死"を感じる年はないのではないでしょうか。
北朝鮮のミサイル発射から、身近なところでは多くの水害、
そして、たくさんの勇気を与えてくれた小林麻央さんの死など、
私たちは「生きることの意味」や「生きていることへの感謝」を
より実感したのではないでしょうか。

死への恐怖は誰にでもあります。
しかし、普通に生きていれば日常はあまり意識することのないことです。

しかし、死はいつ訪れるかわからないものです。
もしあなたが突然、「余命1年」と宣告されたら……
いったいどんな気持ちを抱くのでしょうか。



魂の痛み=スピリチュアルペインを克服する

人は死を意識した時に生じる痛みが存在します。
治療後の痛みや後遺症で、
今までできていたことができなくなってしまう身体的苦痛。
治療費やこれからの生活に不安を抱く経済的苦痛、
家族や周りの人に迷惑をかけてしまうという社会的苦痛です。

しかし、患者にとっての最も大きな痛みには、
魂の痛み=スピリチュアルペインというものがあります。
スピリチュアルペインとは、

「死ぬことが怖くて不安でしょうがない」
「孤独でつらい」
「自分の世界が壊れたみたいで生きていることが苦しい」
「自分の生きる意味や価値がわからなくなった」
「なぜ自分だけこんなつらい苦しみを味わわなければならないのか」
「家族と二度と会えなくなると思うとつらい」

というような、心の内面にそった痛みなのです。



誰もが魂の痛みを感じ、乗り越えていく

本書の著者は過去に3度、脳疾患の病気に襲われ、
スピリチュアルペインを感じ、
現在も半身不随の後遺症と闘いながら執筆に臨みました。

人はなぜスピリチュアルペインを抱くのか?
そして、それをどう乗り越えて生きていくのか?
また、どう死んでいくのか……。

自分自身も抱いたスピリチュアルペインから脱出を試み、
取材という旅に出たのです。

実際に終末期医療の現場から
聖路加国際病院のチャプレンのケア現場の話を聞き、
かつて氏が取材して出会った人たちから
スピリチュアルペインを乗り越えていきます。

取材には、それぞれが感じたスピリチュアルペインと
それをどう克服していったかを取り上げていきます。

・参議院議員の三原じゅん子さん
・元横浜ベイスターズ投手の故・盛田幸妃さん
・女優の音無美紀子さん
・華道家の假屋崎省吾さん
・俳優の故・萩原流行さん
・元NHKアナウンサーの山川静夫さん
・日産GT-R開発者の水野和敏さん

そして、スピリチュアルペインを乗り越えて安らかに亡くなられた方、
そこから脱出できずに亡くなられた方……
さらに、最期を看取る家族や医療スタッフまで、
スピリチュアルペインというテーマを軸に
悲喜こもごもストーリーが展開します。

あなたも人生に一度は必ず抱く魂の痛み、
「いい人生だった」と言える生き方を考えさせられるはずです。



目次

まえがき 魂の痛みに立ち向かう旅へ
第一章 死に直面して初めて気づく魂の痛み
第二章 なぜ人はスピリチュアルペインという痛みを抱くのか?
第三章 スピリチュアルケアに向けての旅
第四章 スピリチュアルケアの現場から心の救いを見つける
第五章 心の安寧と幸福を求めて
あとがき 旅の終わりに

Author著者について

  • 1952年佐賀県生まれ。早稲田大学政治経済学部中退。貿易商社勤務ののち、雑誌編集者に。『月刊文藝春秋』(文藝春秋)、『週刊ポスト』の記者を経て、現在フリージャーナリスト。『月刊文藝春秋』記者時代、同誌2000年12月号で「『バスジャック少年』両親の手記」を発表し、「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム大賞スクープ賞」を受賞。
    2度の脳疾患で死の瀬戸際に立たされ、さらに3度目の脳梗塞により半身麻痺を患い、現在も療養しながら精力的に取材・執筆活動を続けている。 著書に『死への扉~東海大安楽死殺人』(新潮社)、『早期発見~「シグナル」を見逃すな!』『お医者さんが教える気になる病気のサイン』(以上、大空出版)、『ある日、わが子がモンスターになっていた~西鉄バスジャック犯の真相』(ベストブック)、『漂流する国ニッポン~3・11大震災・福島原発事故で見えた"誰も責任を取らない国"の実相』(フォレスト出版)などがある。

    View More

Related Product著者の関連商品

  • 漂流する国 ニッポン

    3.11大震災・福島原発事故で見えた“誰も責任を取らない国”の実相

    漂流する国 ニッポン

    入江吉正 著

    BOOK
  • ウォールストリートの歴史

    ウォールストリートの歴史

    チャールズガイスト 著
    中山良雄 訳
    入江吉正

    BOOK
  • ウォール街の歴史

    世界で唯一のウォール街全史

    ウォール街の歴史

    チャールズガイスト 著
    菅下清廣 監修
    中山良雄 訳
    入江吉正

    BOOK

Recommendこの商品をチェックした人は、こんな商品もチェックしています。

  • 結果を出すリーダーほど動かない

    部下が期待どおりに動く「壁マネジメント」術

    結果を出すリーダーほど動かない

    山北陽平 著

    BOOK
  • 儲かる! 空き家・古家不動産投資入門

    少額から始められる!

    儲かる! 空き家・古家不動産投資入門

    三木章裕 著
    大熊重之 著

    BOOK
  • スゴ運。

    リストラされて全財産4419円だった僕が宝くじで6億円当てたスゴい方法

    スゴ運。

    唱田士始矢 著

    BOOK
  • 神さまが味方するすごいお祈り

    読むだけで、願いが叶う人、続出!

    神さまが味方するすごいお祈り

    佐川奈津子 著

    BOOK
  • マンガでよくわかる 子どもが変わる 怒らない子育て

    読んだその日からイライラが減った!「自分からやる子」に育つ!

    マンガでよくわかる 子どもが変わる 怒らない子育て

    嶋津良智 著

    ベストセラーBOOK
  • 読まずに死ねない哲学名著50冊

    人類の叡智を一気に読める唯一の本。

    読まずに死ねない哲学名著50冊

    平原卓 著

    ベストセラーBOOK
  • アイデア大全

    創造力とブレイクスルーを生み出す42のツール

    アイデア大全

    読書猿 著

    ベストセラーBOOK
  • 自分を劇的に成長させる! PDCAノート

    外資系マネージャー×時短コンサルタントが教える365日成長し続けるメソッド!

    自分を劇的に成長させる! PDCAノート

    岡村拓朗 著

    ベストセラーBOOK
  • うまくいきそうでいかない理由

    いつもうまくいく人が無意識にやっている「10秒の習慣」を科学的に解明。

    うまくいきそうでいかない理由

    佐藤由美子 著

    ベストセラーBOOK
  • 10歳でもわかる問題解決の授業

    自分の頭で「考える力」が身につく5つの授業

    10歳でもわかる問題解決の授業

    苅野進 著

    新着BOOK