フォレスト出版

夢や希望の実現を目指す人に、勇気と知恵が湧く情報をコミュニケートします

書籍

後になってから気づいてもらえる、好感度UPのマインドとコツ

誰からも好かれるさりげない気遣い

菊地 麻衣子 著

1,400円(税抜)
自己啓発/ビジネススキル BOOK KindleiBookskobokinoppy
誰からも好かれるさりげない気遣い
Twitter Google+ LINE

私の愛読書である『最強伝説黒沢』(福本伸行)の中で、主人公が「俺のする善意は疎まれる。でも・・・俺には分からないんだ、押しつけがましくない親切というモノが・・・」と語るシーンがあります。これはマナーや気遣いの本質を考えるうえで非常に示唆的な言葉です。基本的なマナー本や気遣いを解説する本では「とりあえず○○だけやっておけばOK」「○○すれば相手は不快にならない」「○○すれば相手は自分のことをほめてくれる・好感をもってくれる」といったもの。そのほとんどが、見返りを求めた行為であることが相手にもうすうす伝わっており、下心ゼロとは言い難く、それは本当の意味で「気遣い」「気配り」なのかは疑問です。しかし、本書『誰からも好かれるさりげない気遣い』では、本当の意味の「気遣い」を記しています。その本質は目からウロコ。ワンランク上のホスピタリティを身につけたい人にオススメです。

かばを

POSTED BYかばを

元JALのCA、日本一の高級会員制ホテルのコンシュルジュ
リピーター続出の接客業界カリスマが伝授。

接客やマナーと言われるもののほとんどがマニュアル化しています。
均質化した価値を提供できるメリットはありますが、臨機応変な対応はできません。
お客様や相手が本当に感動するのは、ルールやマニュアル以外の対応をされたときなのです。
そこで必要なのが気遣いのセンスとマインド。
ただし、そこには「さりげなさ」を追加しなければなりません。
気遣い自体がルール化、マニュアル化しているからです。
「とりあえず○○をすればOK」
「○○をしておけば相手は怒らない」
「○○をすると相手が喜ぶ、好感が持たれる」
こうした下心、見返りを求める気持ちは相手に伝わるばかりでなく、
周囲を不快にしてしまうなど、逆効果になることも。
感謝されることを狙った時点で、「さりげなさ」は失われてしまいます。
では、どうすれば自然な気遣いができるようになるのか――?
本書では以下の3つのマインドが必要と考えています。

●「誰も見ていなくてもいい」「気づかれなくてもいい」と割り切る
●相手や状況に合わせて最適解を考える
●気遣いをする対象者を選ばない

本書ではシチュエーション別に、CA、そして高級ホテルのコンシェルジュという
2つの接客業を経験してきた著者が、仕事や、日常のコミュニケーションが円滑になる
気遣いのコツ、アドバイスをしていきます。



アピール、頑張りゼロだから、あまりにも自然「さりげない気遣い」とは?

たとえば……
●断りたいときはキッパリ、そしてかわいく→断られたほうも笑顔になる気遣い
●お客様には来たときと同じ状態でお帰りいただく→重さよりも軽さの気遣い
●落ち込んでいる人に対しては励まさず、放っておく→心を整理してもらう気遣い
●相手の恥ずかしいミスを指摘しない→自分で自分のミスに気づいてもらう気遣い



目次

序 章 さりげない気遣いができる人のたった3つの特徴
第1章 居心地がよくなるオフィスでの気遣い――社内
第2章 関係を深めて成果に繋げる顧客への気遣い――接客・訪問
第3章 すれ違いが消える異性を思いやる気遣い――男女
第4章 オフの時間に試される身近な人への気遣い――プライベート
第5章 自分のことが好きになる気遣い――自己肯定感

Author著者について

  • &MIND代表 ホスピタリティマインドトレーナー 産業カウンセラー
    2007年 日本航空インターナショナル株式会社入社。国内線・国際線客室乗務員、PR担当CAとして勤務。2010年 大手会員制リゾートグループ、リゾートトラスト株式会社入社。「もう一度会いに来てもらう」サービスに定評があり、お子様から政界、芸能界、大企業創業者、世界のVIPまで幅広いファンを持つ。リゾートトラスト全国 39施設内で最もハイグレードである東京ベイコート倶楽部ホテル&スパリゾートのコンシェルジュに抜擢され、CS(顧客満足度)向上リーダーとしてコンシェルジュスタッフ全体のCS向上を達成。客室乗務員時代含め、延べ 50万人以上のお客様と接する。
    2015年に&MIND設立。マナー接遇のような決まったルールを伝える研修とは一線を画し、自発的、継続的にホスピタリティを発揮できる「応用力のある人材育成」のため、マインドとスキルのバランスを大切にした独自の接客研修、コンサルティングを展開する。講演受講者は延べ1万名に達する。著書に『絶対に身につけたい本物の接客』『「イヤ!」と言ってもこじれない、嫌われない!ちょうどいい「言い回し」と「振る舞い」』(いずれも明日香出版社)がある。

    View More

Recommendこの商品をチェックした人は、こんな商品もチェックしています。

  • 実践!ペップトーク

    相手の結果を100%引き出す

    実践!ペップトーク

    浦上大輔 著
    岩﨑由純 監修
    一般財団法人日本ペップトーク普及協会 監修

    BOOK
  • サラリーマンこそプライベートカンパニーをつくりなさい

    「安定」と「自由」が同時に手に入る「プライベートカンパニー」は会社員こそつくらないと損!

    サラリーマンこそプライベートカンパニーをつくりなさい

    坂下仁 著

    BOOK
  • 【新版】「孤独」が男を変える

    すべての偉業は、その「孤独な時間」から生まれる。

    【新版】「孤独」が男を変える

    里中李生 著

    BOOK
  • 「聞く力」こそが最強の武器である

    元外交官のエグゼクティブコーチが教える「聞く技術」

    「聞く力」こそが最強の武器である

    國武大紀 著

    BOOK
  • なぜかうまくいく人のすごい無意識

    「無意識のクセ」を変えれば、すべて思い通りになる!

    なぜかうまくいく人のすごい無意識

    梯谷幸司 著

    BOOK
  • マンガでよくわかる 子どもが変わる 怒らない子育て

    読んだその日からイライラが減った!「自分からやる子」に育つ!

    マンガでよくわかる 子どもが変わる 怒らない子育て

    嶋津良智 著

    ベストセラーBOOK
  • 前祝いの法則

    日本古来 最強の引き寄せ「予祝」のススメ

    前祝いの法則

    ひすいこたろう 著
    大嶋啓介 著

    BOOK
  • 自分一人で学び、極める。

    「時間」「費用」「学びの深さ」をコントロールする独学術

    自分一人で学び、極める。

    山口謠司 著

    BOOK
  • 「会社四季報」最強のウラ読み術

    20年以上、毎号2000ページを超える四季報を読破する達人

    「会社四季報」最強のウラ読み術

    渡部清二 著

    BOOK
  • 一番伝わる説明の順番

    戦略コンサルタントが教える相手の頭を整理しながら伝える技術

    一番伝わる説明の順番

    田中耕比古 著

    BOOK