フォレスト出版

夢や希望の実現を目指す人に、勇気と知恵が湧く情報をコミュニケートします

書籍

「学び」が定着し、「行動」が変わる「スティッキー・ラーニング」

残念な部下を戦力にする方法

坂井 伸一郎 著

1,500円(税抜)
自己啓発/ビジネススキル BOOK KindleiBookskobokinoppy新着
残念な部下を戦力にする方法
Twitter Google+ LINE

本書で紹介する学習メソッド「スティッキー・ラーニング」(Sticky Learning)の語源には、このメソッドの本質が隠されています。「sticky」は、「ベタベタする」「ネバネバする」という意味の形容詞で、「くっつく」を意味する動詞「stick」が基になっています。一方「learning」が「学ぶこと、学習すること」「知識、学問」「学んだこと、学習項目」を意味するのはご存じだと思いますが、心理学での「学習」の意味、つまり「経験や条件付けによって起きる行動変容」という意味を持ちます。「スティッキー・ラーニング」をそのまま訳せば、「ペタペタ頭に貼りつけていく学習法」となります。人間は忘れる生き物。だから、「絞って伝えて、反復させる」。では、どのように絞って伝えて、反復させればいいのか? その具体的な方法が詳しく解説されています。この本でお伝えする部下は、社員に限りません。契約社員、派遣社員、アルバイト、パート、外部スタッフも対象になります。残念な部下を抱えるリーダーに、役立つ内容が満載です。

森上

POSTED BY森上

プロ野球5球団やトップアスリート、
優良企業も続々導入!
残念な部下を戦力に変える育成法

人材不足が深刻化しています。
ただ、採用予算が確保できず、
今いる限られた人材で戦っていかなければならない。

しかし、今の人材が

「失敗を繰り返す」
「飲み込みが悪い」

といった
残念な部下がいて、戦力にならない……。

そんな悩みを抱えるリーダーのために、
今の「残念な人材」を「望ましい人材」に変える
人材育成・学習メソッド
「スティッキー・ラーニング」を完全公開したのが本書です。

「スティッキー・ラーニング」は、
【スポーツ科学】【心理学】【脳科学】から導き出した
科学的な学習メソッドとして、大きな注目を集めています。

2020年8月現在、
プロ野球5球団、日本陸上競技連盟、
金足農業高等学校硬式野球部、住友商事、高島屋、
日本調剤、アイシン精機、西松建設……など、
各スポーツ団体や企業が続々と導入しています。

このメソッドの特長をひと言で言うと、
【絞って伝えて、反復させる】。

シンプルに言えば、

「10伝えるべきことを特に重要なことを3つに絞って教える」
⇒「その3つを、切り口を変えて3回反復させる」

それによって、
「学び」を固定化し、行動変容につなげる。

このシンプルさと再現性、
そして、圧倒的な実績が、
注目されている理由です。

本書では、
「スティッキー・ラーニング」提唱者である著者が、
この最強学習メソッドの
重要エッセンス&実践法を徹底解説します。

◎今いる人材でなんとかしたい。
◎今いる人材のスキルや能力の底上げを図りたい。
◎今、戦力になっていない従業員を教育して、少しでも戦力として活用したい。

そう望む全リーダー必読の1冊です。



気になる本書の内容

本書の内容は以下のとおりです。

はじめに

第1章 「残念な部下」の正体

◎「残念な部下」って、誰が決めているのか? ◎自信をもって「デキる上司」と言い切れるか?
◎「残念な部下」は、絶対的なものではない
◎「残念」を生む、2種類の歪み
◎「残念な部下」に足りない力
◎理解力が乏しい部下が起こした残念なこと①
◎理解力が乏しい部下が起こした残念なこと②
◎理解力が乏しい部下に対する最適な対策法
◎「伝え方の工夫」の見本
◎その意識が部下の失敗を、さらに誘発している!?
◎「ないものねだり」をするより、「ないものを育てる」という発想

第2章 行動変容につながる学び方
◎コミュニケーションが成立しているか否かの基準
◎コミュニケーションの本質を忘れてはいけない
◎「学ぶ力」が弱いアスリート
◎急増する「頭を使って強くなる」研修
◎既存の知識と関連づけ、新しい知識として構築し、定着させる
◎学ぶ力が弱くても、大きく変容する――某球技の小学生アスリート研修の場合
◎学ぶ力が弱くても、大きく変容する――弊社の新入社員の場合①
◎学ぶ力が弱くても、大きく変容する――弊社の新入社員の場合②

第3章 学びを定着・持続させるメソッド「スティッキー・ラーニング」
◎「スティッキー・ラーニング」とは何か?
◎「スティッキー・ラーニング」のコンセプトと5つのエッセンス
◎大きく変化する学習のあり方
◎脳はどのように学んでいるか
◎記憶の仕組み
◎長期記憶に定着させる5つの経路
◎ネガティブな感情よりポジティブの感情のほうが記憶に残る
◎五感を刺激する――「スティッキー・ラーニング」を実践するための方法①
◎環境の影響力をナメてはいけない
◎視覚イメージを活用して教える――プレゼンする際の諸注意
◎既存の知識と結びつける――「スティッキー・ラーニング」を実践するための方法②
◎既存知識を関連づけるテクニック「先行オーガナイザー」
◎先行オーガナイザーの効果を決める「話すタイミング」
◎感情記憶を重視する――「スティッキー・ラーニング」を実践するための方法③
◎コア・メッセージを繰り返す――「スティッキー・ラーニング」を実践するための方法④
◎15分ルールを使いこなす――「スティッキー・ラーニング」を実践するための方法⑤
◎ちょっとしたムダ話こそ、部下の記憶に残る
◎理解度を推し量りながら、あえて実践させる
◎「残念な部下」の記憶に残すための8つの心がけ
◎「スティッキー・ラーニング」を使った紙上研修

第4章 部下のタイプ別「スティッキー・ラーニング」活用法
◎「スティッキー・ラーニング」を実践する
◎【タイプ①】社会常識に欠ける
◎【タイプ②】とにかく忘れてしまう
◎【タイプ③】悪知恵が働く
◎【タイプ④】やる気が感じられない
◎【タイプ⑤】こだわりが強すぎる
◎【タイプ⑥】とにかく否定的
◎【タイプ⑦】気が利かない
◎【タイプ⑧】失敗するキャラだと言い訳する
◎【タイプ⑨】優先順位のつけ方がおかしい
◎【タイプ⑩】コミュニケーションが下手
◎テレワーク時代の「スティッキー・ラーニング」
◎テレワークの環境だからこそ、「絞って伝えて、反復する」
◎テレワークでは、「視覚」と「聴覚」を完全に使い切る

第5章 「スティッキー・ラーニング」を使いこなすための日常トレーニング
◎五感を磨いて、部下の機微を捉える
◎「視覚」トレーニング
◎「聴覚」トレーニング
◎「嗅覚」トレーニング
◎「触覚」トレーニング
◎「味覚」トレーニング
◎瞑想トレーニング(マインドフルネス)
◎ふさわしい「たとえ」を探す――コミュニケーショントレーニング①
◎「言い換え」を探す――コミュニケーショントレーニング②

おわりに

Author著者について

  • 株式会社ホープス 代表取締役社長。プロフェッショナルコーチ(ACC、CPCC)。「スティッキー・ラーニング」の提唱者。
    成蹊大学卒業後、株式会社高島屋に入社して13年間在職。在職中は老舗百貨店ならではの社会人基礎力・礼儀マナー・顧客や店舗スタッフとのコミュニケーションを現場で学び、後には販売スタッフ教育や販売スタッフ教育制度設計も担当した。その後、ベンチャー企業役員を経て、2011年に独立起業。現在は教育研修会社の代表を務めつつ、自ら講師として年間50本・2500名(業界の偏りはなく、製造業・サービス業・金融業・病院・学校法人など多岐にわたる)の研修を行なっている。社会人研修の他に、プロスポーツ選手やトップアスリートに向けた座学研修の講師経験も豊富(年間のアスリート座学指導実績1000名超は、国内屈指の実績)。講師としての専門領域は、目標設定・チームビルディングなど。座学慣れしていないアスリートへの指導経験が豊富ゆえに、「わかりやすく伝える」「印象に留めるように工夫する」という指導法を用いることから、研修を実施する企業の人事担当者や受講生からは、「理解度が高い」「学びの定着度が高い」「即実践できる指導だった」といった評価が多く寄せられている。この指導教育メソッドを体系化した「スティキー・ラーニング」は、アスリートのみならず、一般ビジネスパーソンにおいても、組織全体の人材レベルアップを図れると高く評価されている。

    View More

Recommendこの商品をチェックした人は、こんな商品もチェックしています。

  • 超多忙な弁護士が教える時間を増やす思考法

    年間1400時間以上の自由を手に入れるルールと習慣

    超多忙な弁護士が教える時間を増やす思考法

    谷原誠 著

    新着BOOK
  • 無駄な仕事が全部消える超効率ハック

    最小限の力で最大の成果を生み出す57のスイッチ

    無駄な仕事が全部消える超効率ハック

    羽田康祐 著

    新着BOOK
  • マンガで「めんどくさい」がなくなる本

    ベストセラー、待望のマンガ化!

    マンガで「めんどくさい」がなくなる本

    鶴田豊和 著

    BOOK
  • 香りの力で潜在意識を浄化する

    あきらめていた人ほどうまくいく

    香りの力で潜在意識を浄化する

    齊藤帆乃花 著

    新着BOOK
  • 藤田田から教わったお金と時間の不変のルール

    「ユダヤの商法」藤田田の元ブレーンが伝授

    藤田田から教わったお金と時間の不変のルール

    ジーン中園 著

    新着BOOK
  • 日本人こそ、宇宙にお願いすればいい。

    欧米発の引き寄せで結果を出すにはコツがいる!

    日本人こそ、宇宙にお願いすればいい。

    吉岡純子 著

    BOOK
  • 幸せになりたかったら、腸を整えなさい

    疲れた脳と腸を癒やす脳腸セラピーで「出す力」を身につけ運を招き入れる

    幸せになりたかったら、腸を整えなさい

    桜華純子 著

    新着BOOK
  • マンション管理員オロオロ日記

    当年72歳、夫婦で住み込み、24時間苦情承ります

    マンション管理員オロオロ日記

    南野苑生 著

    新着BOOK
  • 最高の結果を出すKPI実践ノート

    KPIマネジメントを成功させるプロフェッショナルによる現場の最強ツールを公開!

    最高の結果を出すKPI実践ノート

    中尾隆一郎 著

    BOOK
  • 読まずに死ねない哲学名著50冊

    人類の叡智を一気に読める唯一の本。

    読まずに死ねない哲学名著50冊

    平原卓 著

    ベストセラーBOOK