フォレスト出版

夢や希望の実現を目指す人に、勇気と知恵が湧く情報をコミュニケートします

書籍

朝7時から都内を周回中、営収5万円まで帰庫できません

タクシードライバーぐるぐる日記

内田 正治 著

1,430円(税込)
実用/趣味 新着
タクシードライバーぐるぐる日記
Twitter Google+ LINE

「言いがかりにも我慢の仕事」 
タクシー乗務員がつづる
憂いと怒りと笑いの路上観察記
――今日もお客に怒られて来い!

お客の中には上から目線でストレスのはけ口をドライバーに向ける人もいた。
お客の理不尽な言いがかりにも反論することなく、ぐっと我慢した。
嫌なお客が降りた後、車内で「バカヤロー」と何度大声で怒鳴ったことだろう。
――50歳でスタートし、65歳でリタイアするまでの15年間の体験を書きまとめた。
私には私にしか書くことができない事実や思いがある。



第1章「その筋の人」より

明らかに「その筋」、今の言葉でいう「反社」と思われる人が手をあげている。夜11時すぎ、浅草の路地裏だった。
本来なら知らないふりをして、そのまま通りすぎたいところだが、ばっちり目が合ってしまっている。これで目を逸らすわけにはいかない。
停めてご乗車いただく。いつもどおり丁寧に接客する。
伝えられたのはワンメーターもいかないくらい近くのクラブだった。
そこに到着すると、
「ちょっと行ってくるから、ここで待ってろ。逃げるなよ。会社と名前は覚えたからな」
運転者証を確認しながら、そう言う。
憶測だが、以前に関わり合いになりたくないと思って、待ての指示を無視して料金もとらずに逃げたタクシードライバーがいたのだろう。
私も数百円の支払いならば、とらずにこのまま逃げてしまいたい。しかし、そう言われれば、もう逃げるわけにはいかない。



もくじ

まえがき――最高年収556万円、最低年収184万円

第1章 汗と、涙と、罵声の日々
某月某日 採用基準:私のタクシー会社選び
某月某日 タクシー業界のイロハ:つどう〝エリート〟たち
某月某日 二種免許試験:地図とにらめっこ
某月某日 初乗務:ヨレヨレ班長は強い味方
某月某日 身の上話:小規模卸の悲劇
某月某日 売上げの60%:知らないルールだらけ
某月某日 女性ドライバー: 「うちの女性はきついよ」 
某月某日 プロなんだから: 「俺に道案内させるのか!」 
某月某日 成績優秀者たち:古だぬきの教え
某月某日 勝手な思い込み:やっていいこと、ダメなこと
某月某日 その筋の人: 「ここで待ってろ。逃げるなよ」 
某月某日 お褒めの言葉: 「ワンメーターでいいですか?」 
某月某日 トイレは我慢: 「頻尿」脱出術

第2章 ドライバーの事情、お客の事情
某月某日 探しに出るか、待つか:ライバルたち
某月某日 クラスメイト:なぜ話しかけられなかったのか? 
某月某日 商売あがったり:酔っぱらいの絶叫
某月某日 あなたは幸せ? :一緒に暮らした母の問い
某月某日 ルーティーン:私の、ふだんの一日
某月某日 最長不倒:お客を信じる?信じない? 
某月某日 パチンコ狂:タクシー乗務なら72時間
某月某日 借金王: 「わざと自爆事故をして…」 
某月某日 ほら、来た:典型的な詐欺師の手口
某月某日 必死の説得:チケット客は上得意
某月某日 祈らずにはいられない:さまざまなお客
某月某日 スカウト:老紳士の、ある提案
某月某日 小さな常連客:世間知らずのお坊っちゃん
某月某日 化かしあい:特別地区・銀座
某月某日 奴のウソっぱち:庶民の味方の正体
某月某日 ドラマ出演:10時間待って10分の仕事

第3章 警察なんて大嫌い
某月某日 違反切符:ニコニコ顔の警察官
某月某日 ソープランド:人生悟った如来さま
某月某日 クレーマー:ベテラン職員の解決法
某月某日 居眠り運転:心配性なお客
某月某日 名演技: 「今日のところは見逃してください」 
某月某日 個人タクシー:プロ中のプロの誇り
某月某日 忘れ物:お届けはサービスか? 
某月某日 東日本大震災:何もかもが異常だった
某月某日 釣りはいいよ:気づかいの人びと
某月某日 街宣車:お客の鈍感力
某月某日 オイシイ仕事:サザンのコンサート行き
某月某日 うるんだ瞳:助手席に乗ってきた彼
某月某日 詭弁:最低のお客、アヤシイお客
某月某日 タクシー賭博:大相撲東京場所の楽しみ
某月某日 傍若無人:恐ろしい策略
某月某日 母の最期: 「表」だけを見せて逝った

第4章 さよならタクシードライバー>
某月某日 最高営収:12月、金曜日の奇跡
某月某日 決定的な出来事:一過性黒内障の疑い
某月某日 退職:おひとりさまの暮らし
某月某日 尊敬のまなざし:シルバーの駐輪場整理員募集
某月某日 嘆きのコロナ:現役ドライバーの告白

あとがき――4万人以上の人と接して

Author著者について

  • 1951年埼玉県生まれ。大学卒業後、家業である日用品・雑貨の卸業を継ぐべく専務として勤めるものの会社が倒産。両親と息子を養うため、50歳のとき、タクシードライバーに。以来、65歳で退職するまで15年間にわたり1日約300キロを走行。その悪戦苦闘の日々を本書につづる。現在はコロナ禍による元同僚たちの苦境に思いを馳せながら、おひとりさま生活の日々。

    View More

Recommendこの商品をチェックした人は、こんな商品もチェックしています。

  • ケアマネジャーはらはら日記

    当年68歳、介護の困り事、おののきながら駆けつけます

    ケアマネジャーはらはら日記

    岸山真理子 著

    BOOK
  • 非正規介護職員ヨボヨボ日記

    当年60歳、排泄も入浴もお世話させていただきます

    非正規介護職員ヨボヨボ日記

    真山剛 著

    BOOK
  • 1件40円、本日250件、10年勤めてクビになりました

    メーター検針員テゲテゲ漫画日記

    1件40円、本日250件、10年勤めてクビになりました

    古泉智浩 著
    川島徹 著

    新着BOOK
  • 元国税調査官の税理士に聞いてみた「フリーランスの税金を1円でも安くする方法を教えてください」

    税金を合法的に極限まで減らす方法、教えます

    元国税調査官の税理士に聞いてみた「フリーランスの税金を1円でも安くする方法を教えてください」

    松嶋洋 著

    新着BOOK
  • デジタルマネー戦争

    お金のDX化で世界のルールと私たちの生活はどう変わるのか?

    デジタルマネー戦争

    房広治 著
    徳岡晃一郎 著

    BOOK
  • 情報を正しく選択するための認知バイアス事典

    世界と自分の見え方を変える「60の心のクセ」のトリセツ

    情報を正しく選択するための認知バイアス事典

    情報文化研究所 著
    高橋昌一郎 監修

    BOOK
  • シュガーマンのマーケティング30の法則

    お客がモノを買ってしまう心理学トリガー[引き金]とは

    シュガーマンのマーケティング30の法則

    ジョセフシュガーマン 著
    佐藤昌弘 監修
    石原薫 訳

    ベストセラーBOOK
  • ビジネスライブ配信のはじめ方

    国内実績トップのビジネスライバーがデジタルシフト時代の“売り方”“稼ぎ方”教えます。

    ビジネスライブ配信のはじめ方

    赤城良典 著

    新着BOOK
  • 毎日がストレスフリーになる「自分ほめ」

    1日1ほめ、自分で自分をほめ続けると人間関係の悩みが消えていく

    毎日がストレスフリーになる「自分ほめ」

    原邦雄 著

    BOOK
  • マンガで「めんどくさい」がなくなる本

    ベストセラー、待望のマンガ化!

    マンガで「めんどくさい」がなくなる本

    鶴田豊和 著

    BOOK