フォレスト出版

夢や希望の実現を目指す人に、勇気と知恵が湧く情報をコミュニケートします

書籍

当年66歳、本日も“日雇い派遣”で旅に出ます

派遣添乗員ヘトヘト日記

梅村 達 著

1,300円(税抜)
実用/趣味
派遣添乗員ヘトヘト日記
Twitter Google+ LINE

添乗員自身がなげく“日雇い派遣”
曖昧模糊とした添乗員の世界

添乗員の業界というのは、じつに曖昧模糊としている。
ツアーの参加者の多くは、旅行会社の社員が添乗員をしていると思っている。
しかし、そういうケースはほとんどない。

旅行会社の社員が添乗員になるケースでもっとも多いのは、
修学旅行である。

いずれにしても、
そうした社員が添乗業務を行なうのは、
全体の中でも、非常に稀なケースである。

では、一番多い添乗員というのは、
どういう人たちなのであろうか?

それは添乗業務を請け負う派遣会社に所属している人たちである。
添乗員の業界というのは、そういう派遣の人たちなしには成り立たない。
かくいう私もその一人である。

●はじめにより●
私は50歳をすぎてからこの業界に飛びこんだ(飛びこまざるを得なかった)。以来15年以上にわたり、この業界で身過ぎ世過ぎしてきた。
本書には、おトクに旅行できる知恵も、観光地をディープに楽しむ方法も載っていない。本書に描かれるのはひたすら派遣添乗員の目の前にある日常の風景である。
派遣としての不安定な立場、添乗中のトラブル、ツアー参加者からのクレーム、旅行会社とのあつれき……そんな日常の中に、時折、喜びや希望も顔をのぞかす。
この仕事が大好きかと問われれば、即答はしかねる。それでも私はこの仕事を続けているし、身体が持つかぎりはこの先も続けていくだろうと思う。それが私の生活であり、人生だからである。



気になる本書の内容

本書の目次は以下のとおりです。

まえがき――曖昧模糊とした添乗員の世界

第1章 派遣添乗員、本日も苦情あり
某月某日 体調不良:腹痛での綱渡りツアー
某月某日 忍耐:二度と会いたくない「先生」
某月某日 カメレオン:寝返り添乗員の苦笑い
某月某日 注文ミス:添乗員のメイン業務はクレーム対応
某月某日 クレーム:「平謝り」という大切なお仕事
某月某日 毛虫社員の末路:派遣添乗員と旅行会社のカンケイ
某月某日 回収不能のアンケート:トルコ人ガイドの大失態
某月某日 パーフェクトゲーム:いかにして役者・芸者になるか
某月某日 添乗員の探偵物語:もっとも感動した修学旅行
某月某日 眠っていた才能:車内販売でもうひとりの自分に出会う
某月某日 コペルニクス的転回:なぜ派遣添乗員になったのか?

第2章 ハズレの仕事、ときどきアタリの仕事
某月某日 難民キャンプ:パニックと化した「浜焼き食べ放題ツアー」
某月某日 オロオロ:クレームを回避するためのテクニック
某月某日 人間音痴:妻孝行のつもりが、ヒモ生活に
某月某日 割れんばかりの拍手:アンケートで高評価を得る方法
某月某日 打たれ強い人:言いがかりにどう対応するか?
某月某日 吊るしあげ:中国シルクロードツアーで悪役となる
某月某日 〝アタリ〟チーフ添乗員:修学旅行反省会のあとで
某月某日 赤玉、青玉、白玉:乾いた街に咲いた一輪の冬の花
某月某日 大名旅行:添乗員冥利につきるツアー

第3章 添乗員を取り巻く奇妙な人びと
某月某日 人生のベテランたち:バイキングは戦場である
某月某日 私のバスはどこ?:添乗員が集合場所を連呼するワケ
某月某日 コーコツの旅人:なにやら臭う話
某月某日 ドライバーもつらいよ:バスドライバーたちの本音
某月某日 迷惑ドライバー:添乗員とドライバーのビミョーな関係
某月某日 プロ中のプロ:おばあさんガイドの大逆転劇
某月某日 涙の「ペッパー警部」:養護施設、日光江戸村1泊2日
某月某日 スキルアップ:添乗員業界で働くためのいくつかの条件
某月某日 出入り禁止:金髪の若者に教えられたこと

第4章 旅行業界残酷物語
某月某日 引っ越し:年金15万円弱の温泉ライフ
某月某日 あぶない一線:「疲れ果てる」を超えた旅行会社社員
某月某日 添乗員は見た!:旅行会社の企業風土
某月某日 宴会係の告発:宴会が大荒れする3つの職業とは?
某月某日 置き去りイスタンブール:とうとう現れなかった2人
某月某日 インドの悪夢:人生最高のカルチャーショック
某月某日 宿泊客のいない旅館:廊下にたたずんでいた妖婆
某月某日 天国と地獄:添乗員が泊まる部屋
某月某日 無料ツアー:旅行会社が儲かるカラクリ
某月某日 ツアーにんげん劇場:出会いが織り成す一期一会のドラマ

あとがき─―火つきの悪いライター

Author著者について

  • 1953年東京生まれ。大学卒業後、映画の制作現場を皮切りに、塾講師、ライター業などを経て、50歳のとき、派遣添乗員に。以来、いくつかの派遣会社を移りながら、現在も日々、国内外の旅行に付き添う現役添乗員である。本書がヒットしたら、「月1~2回、趣味みたいに添乗員の仕事をしていきたい」というのがささやかな夢。

    View More

Recommendこの商品をチェックした人は、こんな商品もチェックしています。

  • 交通誘導員ヨレヨレ日記

    当年73歳、本日も炎天下、朝っぱらから現場に立ちます

    交通誘導員ヨレヨレ日記

    柏 耕一 著

    BOOK
  • 世の中の運がよくなる方法を試してみた

    運を引き寄せる実験

    世の中の運がよくなる方法を試してみた

    櫻庭露樹 著

    BOOK
  • マンガで「めんどくさい」がなくなる本

    ベストセラー、待望のマンガ化!

    マンガで「めんどくさい」がなくなる本

    鶴田豊和 著

    BOOK
  • 一瞬で人生を変える お金の秘密 happy money

    これからの人生をお金と楽しく心安らかに過ごす方法

    一瞬で人生を変える お金の秘密 happy money

    本田健(Ken Honda) 著

    BOOK
  • 無意識を鍛える

    成功者続出の高額コンテンツを書籍化!

    無意識を鍛える

    梯谷幸司 著

    BOOK
  • お金は寝かせて増やしなさい

    インデックス投資の入り口から出口戦略まで一挙解説!

    お金は寝かせて増やしなさい

    水瀬ケンイチ 著

    BOOK
  • 「めんどくさい」がなくなる本

    読んだらスッとラクになる

    「めんどくさい」がなくなる本

    鶴田豊和 著

    ベストセラーBOOK
  • 頭で考える前に「やってみた」人が、うまくいく

    ユダヤ人も華僑も凌駕する「ジュガール」の法則

    頭で考える前に「やってみた」人が、うまくいく

    サチンチョードリー 著

    ベストセラーBOOK
  • マンガでよくわかる 子どもが変わる 怒らない子育て

    読んだその日からイライラが減った!「自分からやる子」に育つ!

    マンガでよくわかる 子どもが変わる 怒らない子育て

    嶋津良智 著

    ベストセラーBOOK
  • 読まずに死ねない哲学名著50冊

    人類の叡智を一気に読める唯一の本。

    読まずに死ねない哲学名著50冊

    平原卓 著

    ベストセラーBOOK