今なら2週間無料電子書籍読み放題YOMiPO(ヨミポ)
スマホサイト帆帆子の部屋がオープン!""
【スマホ専用サイト】苫米地英人博士の天才脳~未公開インタビューや即売切DVDをスマートフォンで独占配信!!~

まぐまぐ フォレスト出版 公式メルマガ

BOOKS 書籍のご案内

怒らない技術

今日からイライラ禁止!

■嶋津 良智

■価格: 900円(税抜)

「怒る大人たち」が増えている!
≪平成20年度『犯罪白書』より≫

このページに来ていただきありがとうございます。

ここに、少し怖いデータがあります。

『犯罪白書』という、
警察庁が出している統計の平成20年版によると、


 暴行の検挙人員及びその人口比については近年、
 10代は減少・低下傾向にあるが、20代以上の増加・上昇傾向が著しく、
 特に、高齢になるほど増加率・上昇率が高い傾向が見られる


というデータが出ているのです。

つまり、子供ではなく、
世の中の大人たちに「怒り」が蔓延しているのです。

たしかに、大人の方が職場やプライべ―トで、
イライラすることが多いかもしれません。

ですが、「怒る」ことで、
職場やプライベートがよくなるでしょうか?

逆に、「怒る」ことこそが、
職場やプライベートがうまくいかない原因とはいえないでしょうか?

なぜなら…

全ての原因は「イライラ」だった!

本書の著者は、
元はごく普通のサラリーマンでした。

さらに、超短気といえる性格であり、
一時期は、営業のマネージャーとして部下に怒ってばかりで、
うまくいかずに悩んでいました。

そんな著者は、ある時自分に対してひとつの約束をします。

「怒らない」と決めたのです。

そして、それがきっかけとなり、
自ら経営する会社を株式上場に導きビジネスマンとして「成功」
シンガポールを拠点に教育者となり「夢」も叶えています。

著者のように、「ビジネス」や「夢」に限らず、
本書の『怒らない技術』を知れば、
「仕事」 「恋愛」 「人間関係」 「上司・部下」 「うつ」 「勉強・語学」 「美容」 「健康」
…など、あなたの大切な場面でお役に立てると思います。

ただし…

「怒り・イライラと無縁になる25の習慣」って?

皆さんもご存じのとおり、
「怒らない」とは、そんな簡単なことではありません。

仕事をしていても、
様々な人やいろいろな事情があるなかで、
イライラしてしまうシーンはとても多くあります。

プライベートでも、
家族や友人、恋人のような大切な人であっても、
人間わかりあえない時は必ずあるものです。

そんな中で、「怒らない」にはどうしたらいいのか?

そうでなくとも元・超短気の著者です。
著者が考えたのは、「そもそもイライラしなくなる体質になろう」ということでした。

第4章・第5章では、そんな自身の経験をまとめた
「怒り・イライラと無縁になる25の習慣」を紹介します。

さらに…

「今すぐ怒り・イライラが消える11の特効薬」付き!

どれだけ決意を強くもっても、
いつだって人間は弱い生き物です。

どうしても怒ってしまうことだってあるでしょう。
そんな時に、理屈ではなく怒りをなんとかする方法はないか?

そこで、どうしてもカッとなってしまうときの対処法、
「今すぐ怒り・イライラが消える11の特効薬」を最後にまとめました。

今すぐに怒りをなんとかしたい時は、
ぜひ書店で本書を手に取り、11の特効薬をおためしください。

最後に、気になる効果は…

≪本書を読んだ方の声≫

会社経営の中で、人材育成が悩みでした。この本を読むことで、 「自分の思考を変える」「怒らない」を目標にしてがんばっております。 良い本をありがとうございました。

私は、恋愛でどうしても相手に対してイライラしていたのですが、 その原因は、自分にあるのではないかと思い直しました。 私も「怒らない」と決めて向き合っていこうと思います。

周りの人との関係のなかで、いつもイライラしてしまう自分が嫌い だったのですが、「誰でもイライラすることはあって当たりまえなんだ。」 と自分のことを認めることができました。

2回読ませて頂きました。34歳になりますが、感情のコントロールが 悩みでした。また、悩んだときは読もうと思っています。

職場やプライベートのことで、元気をなくしていました。この本に出会ったことで、 うつ状態から抜け出せそうです。ありがとうございました。

この本を読み終わって実践させて頂きました。前向きに怒ることなく 生きていけてる気がします。また自分の健康も、いい状態が戻ってきたと 実感してます。

できる範囲で習慣を変えてみたら、今まで以上に心穏やかな幸せな 気持ちになれました。もう一冊買って、両親にプレゼントして家族みんなで 幸せになりたいです。



※本作品は2007年に刊行された『雨がふってもよろこぼう!』(本社刊)を改題、再編集いたしました。

関連商品はこちら

ページトップ