フォレスト出版

夢や希望の実現を目指す人に、勇気と知恵が湧く情報をコミュニケートします

書籍

2019日本経済 投資のシナリオ

米中の新冷戦時代 漁夫の利を得る日本株

今井 澂 著

1,600円(税抜)
金融/株・投資・資産運用 BOOK KindleiBookskobokinoppy新着
米中の新冷戦時代 漁夫の利を得る日本株
Twitter Google+ LINE

2019年の投資のシナリオは「米中新冷戦時代」がテーマ。2つの国が覇権争いをする中、あの米ソ冷戦時代のように「漁夫の利」を得て日本経済が走っていく。
新財源、東京五輪など多数のイベント、新雇用政策など、世界が混迷していうちに日本が浮上。著者も「日経平均は2万7000円をつける!」と、まだまだ強気です。

稲川

POSTED BY稲川

新冷戦時代勃発。年末の大底から2019年は上昇相場に

アメリカのトランプ大統領に右往左往された2018年。
日本の相場も乱高下を繰り返す中、
2019年からは外国人マネーが日本になだれ込む。
それは米中の新冷戦時代に突入し、
世界が混迷を続ける中で、日本株が再び注目されるからだ。
その理由は……。

●アメリカの景気が下降
 →米中貿易戦争、金利上昇、双子の赤字再燃etc.
●中国の対貿易の下降
 →米新ココム法案によるIT関連への規制、覇権争いの激化etc.
●欧州のEU分裂危機
 →ドイツの求心力の低下、イタリア、スペイン危機etc.
●中東の王政崩壊!?
 →ムハンマド皇太子によるカショギ氏暗殺疑惑etc.

戦略的方針を固めたアメリカは、
中国に対し徹底的な貿易戦争を始めようとしている。
これは今後、長きにわたる新冷戦時代の第一幕にすぎない。
つまり、第4次産業革命ともいえる
覇権争いの火ぶたが切られたと言っていい。

こうした世界リスクが高まる中、
なぜ日本だけが生き残るのか?

●永久債という新財源の確保
●70代まで働ける新雇用政策
●ラグビーW杯、東京五輪、大阪万博等の多数イベント
●正常な観光立国への進化
●リニア新幹線の開通
●岩盤規制を突き抜ける国土強靭化
●好調な企業業績etc.

まさに、世界リスクの高まる中、
日本にはこれらの好材料が備わっている。
また、景気サイクルから見ても、
日本は「ブロンズ・サイクル」の好景気循環の中にあり、
2025年まで、そのサイクルは続いていく。

あとは、未来を見据える第4次産業時代に
向かっていけるかである。
それを乗り越えるとき、
日経平均は2万7000円を突破する。

米中新冷戦で“漁夫の利”となる日本。
著者が提唱する「晴れた日には3万8915円が見える」が
やってくるかもしれない。



「今井澂の相場のウラ読み」の音声ファイル付き

本書では、著者が毎週配信している
「今井澂の相場のウラ読み」から厳選した
2018年に配信された音声を聞くことができます。
もちろん、すべてが的中ではありませんが、
国際エコノミストならではの、
ヘッジファンドの動きや政府関係筋のトピックスなど
ふつうでは知ることのできない情報が満載です。

また、会員からのするどい質問にも回答し、
投資をするうえでのヒントとなる音声ファイルです。

本書では各章に関連する事柄に沿った音声を
編集せずにお聴きいただけるようにしました。
各章末にURLとQRコードがありますので、
すぐに聴くことができます。

ぜひ本書のさらなる参照としてご使用ください。

※投資は自己責任でお願いいたします。
 無料プレゼントに関して投資をされ損失が生じたとしても、責任は負いかねます。
※無料プレゼントは、お客様ご自身で別途お申し込みが必要です。
※無料プレゼントは、サイト上で公開するものであり、
 冊子などをお送りするものではありません。
※上記無料プレゼントのご提供は予告なく終了となる場合がございます。
 あらかじめご了承ください。



目次

プロローグ 2019年の焦点となる「幻想の大国」
米中新冷戦勃発。ついにアメリカも匙を投げた中国の“資本主義”〟
改革開放から 40 年、独善的に突き進んできた本心の見えない中国
世界覇権を目指す中国は「幻想の大国」なのか?
米中新冷戦突入は、日本のプレゼンスを極大化させる

第1章 米中の新冷戦時代が幕を開けた
対中政策に、一気に舵が切られたアメリカの世界戦略
台湾旅行法でアメリカが示した「ひとつの中国」の否定
ペンス副大統領が放った中国の完全否定
米中貿易戦争に絡むヘンリー・キッシンジャーの影
知的財産を盗み取る中国に、アメリカが徹底抗戦
企業と裁判所がグルになって技術を盗む中国のシステム
中国建国100年の野望はアメリカによって潰える
宇宙産業も視野に入れた、中国との覇権争いがすでに始まっている
ペンス副大統領が行った「対中方針演説」への憶測
米中の新冷戦時代は果てなき長期戦へ向かう
アメリカは不景気となり、日本は大底から反転する
新冷戦時代に要となる国が大きな成長を遂げる
◆「今井澂の相場のウラ読み」参考音声……①

第2章 第4次産業革命の覇権をめぐる米中の新冷戦構造
中国の衝撃的なハッキング事件で、アメリカが「新ココム法案」を作成
製品販売停止を中国に投げつけたアメリカの本気度
ヘッジファンドの売りによりIT関連株は暴落
米エスタブリッシュメントが中国を完全に見放した
半導体技術がAI分野での世界覇権争いを主導していく
「新ココム法案」で情報技術という新分野まで規制される
米中対立で世界マーケットは逆グローバリズムへと進む
米ソ冷戦で経済大国になったように、新冷戦時代は日本の好機となる
第4次産業革命は、まったく新しい「社会全体の最適化」を促進する
新冷戦の始まりと新ココム法案が日本経済を一気に加速させる
◆「今井澂の相場のウラ読み」参考音声……②

第3章 米中冷戦の中で「漁夫の利」を得る日本経済
アメリカ中間選挙「ねじれ状態」での日本の懸念
トランプの迫力と日本敵視政策は別もの
アメリカはふたたび「双子の赤字」に苦しめられる
日本の「労働力人口問題」は火急の取り組み
70 歳でも働く社会が日本にやってくる
雇用延長は大量の移民受け入れ抑制にひと役買っている
不足するサイバーセキュリティ人材は、再教育で高齢者から雇用
規制や守旧派が、日本の第4次産業革命を立ち遅らせている
欧米では“規制”の概念を超えている「シェアリングエコノミー産業」
日本における規制の正体は官僚の権力と利権
2019年は日本もシェアリングエコノミー元年となる
インフラ整備は「デジタルトランスフォーメーション」によって進められる
「オリンピック投資」は縮み志向の日本にとってプラスでしかない
着々と工事が進む「リニア新幹線事業」も日本の景気を押し上げる
日本が迎える「スポーツイヤーズ」にも規制のメスが入っていく
インバウンド効果は〝爆買い〟から正常な観光立国へ進化する
モノ消費からコト消費へ、訪日外国人に魅力の日本が存在感を増す
◆「今井澂の相場のウラ読み」参考音声……③

第4章 金融財政が整った日本に、ついに黄金期がやってくる
消費税増税でも景気対策はすでに用意されている
ある景気循環サイクルが示す日本経済の見通し
日本のいまの景気循環「ブロンズ・サイクル」
日本はいま、2025 年までつづく「第3の超景気」を迎えている
2100年には半減となる「人口問題」は、すべてがマイナスではない
第4次産業革命は人口問題を克服していく
金が必要な日本政府の財源確保ウルトラC「永久国債」
自民党が野党時代から取り組み始めていた永久国債構想
赤字国債を永久国債に乗り換えて、毎年 10 兆円を支出に回す
民間で通貨選択ができる「政府仮想通貨」という新発想
「借金大国日本」の嘘が暴かれ、金融財政の大変化が起こる
◆「今井澂の相場のウラ読み」参考音声……④

第5章 米中新冷戦で「漁夫の利」を得る日本株
ニューヨーク市場の株売りでアメリカ株の上昇は終わる
アメリカ国債3・5%のレッドラインと長短期金利の逆転
米中貿易戦争で世界が被る損失
世界の歩みと同じく、いったん日本株にも底入れがくる
株の売り買いで起こる現象が日本株第2幕のサイン
嵐が過ぎた後に、どんな株を狙うべきか
為替は対ドル、対ユーロともに円高、円安にも振れない
原油価格は輸送技術の革命で下落する
CFTC公表で 17 年ぶりに売り越しに転じた金相場
金需要が本格化したいま、金価格は上昇していく
◆「今井澂の相場のウラ読み」参考音声……⑤

第6章 米中新冷戦で世界各諸国は混迷を迎える
世界のリスクは地球の裏側で起こっている
新冷戦の影響を受けるのは当事者国であるアメリカと中国
自国通貨安で借金返済に苦しむ新興国
軍撤退を目論む韓国に中国の後ろ盾
金融危機の韓国に悲劇はふたたび訪れる
反サウジアラビアのトルコで起こったカショギ氏暗殺
アメリカに見放されたサウジの動向いかんで、石油ショックも視野に
下落しつづけるドイツ銀行株はEU全体を揺るがしかねない
ドイツ経済の痛手と新冷戦で、EU分裂は現実味を帯びる
◆「今井澂の相場のウラ読み」参考音声……⑥

エピローグ 揺れ動く世界の中で、なぜ日本株は買いなのか?
2019年、混迷する世界でも「日本株は買い」である

付録 2019年、私の推奨銘柄

Author著者について

  • 国際エコノミスト。マネードクター。
    1935年東京生まれ。浦和高校、慶應義塾大学経済学部卒業後、山一證券入社。山一證券経 済研究所、山一投資顧問を経て、日本債券信用銀行顧問に転職。「証券から銀行へのめずらしい転職」として脚光を浴びると、英国との合併会社である日債銀ガートモア会長、日債銀 投資顧問専務、慶應義塾大学商学部講師、白鴎大学経営学部教授などを歴任。 証券と銀行の両業務を経験、一貫して「情報」と「市場の資産運用」をつなげる仕事に携わる。また、世界で初のヘッジファンドについての書籍を執筆、日本で初めてヘッジファンドを買った人物としても知られる。
    TBS「サンデーモーニング」、テレビ朝日「サンデープロジェクト」、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」などの番組で活躍、自身の名を冠した「今井澂の美女とヤジ馬」は好評を博し長寿番組に。現在も、講演を年間80回以上行うなど、活発に活動。公益財 団法人年金シニアプラン総合研究機構理事、NPO法人金融知力普及協会理事を務める。
    主な著書に『シェールガス革命で復活するアメリカと日本』(岩波出版サービスセンター)、『経済大動乱下! 定年後の生活を守る方法』(中経出版)、『日本株「超」強気論』(毎日新聞社)、『恐慌化する世界で日本が一人勝ちする』『日経平均3万円 だから日本株は高騰する!』(以上、フォレスト出版)などがある。本書は44冊目の著書となる。

    View More

Related Product著者の関連商品

  • 日経平均3万円 だから日本株は高騰する!

    2018日本経済 投資のシナリオ

    日経平均3万円 だから日本株は高騰する!

    今井澂 著

    BOOK
  • 進撃する相場の投資術

    空前の長期上昇相場のウラを読む

    進撃する相場の投資術

    今井澂 著

    BOOK
  • 恐慌化する世界で日本が一人勝ちする

    2017日本経済投資のシナリオ

    恐慌化する世界で日本が一人勝ちする

    今井澂 著

    BOOK
  • 2016 日本経済 投資のシナリオ

    東アジア冷戦終結と欧州ブラックスワン出現で相場が動く!

    2016 日本経済 投資のシナリオ

    今井澂 著

    BOOK

Recommendこの商品をチェックした人は、こんな商品もチェックしています。

  • 前祝いの法則

    日本古来 最強の引き寄せ「予祝」のススメ

    前祝いの法則

    ひすいこたろう 著
    大嶋啓介 著

    BOOK
  • 非常識な成功法則【新装版】

    お金と自由をもたらす8つの習慣

    非常識な成功法則【新装版】

    神田昌典 著

    ベストセラーBOOK
  • なぜかうまくいく人のすごい無意識

    「無意識のクセ」を変えれば、すべて思い通りになる!

    なぜかうまくいく人のすごい無意識

    梯谷幸司 著

    BOOK
  • トヨタ社員だけが知っている超効率仕事術

    早く帰れない2大原因「ムダな作業」と「やり直し」がなくなる。

    トヨタ社員だけが知っている超効率仕事術

    渡邉英理奈 著

    新着BOOK
  • 「沈黙」の会話力

    弁護士が明かす人を動かすコミュニケーション術

    「沈黙」の会話力

    谷原誠 著

    新着BOOK
  • 最強のストレッチ 世界のエリートも実践する調整法

    1回10秒の短時間でゆるむ、伸びる!パフォーマンスが上がり、疲れも消える!

    最強のストレッチ 世界のエリートも実践する調整法

    佐々木泰士 著

    BOOK
  • お金は寝かせて増やしなさい

    インデックス投資の入り口から出口戦略まで一挙解説!

    お金は寝かせて増やしなさい

    水瀬ケンイチ 著

    BOOK
  • 成功する人が知らずにやっている最強の魔除け

    天界を味方につける縁切り・お墓参り・神社参拝など全公開!

    成功する人が知らずにやっている最強の魔除け

    日下由紀恵 著

    BOOK
  • 「聞く力」こそが最強の武器である

    元外交官のエグゼクティブコーチが教える「聞く技術」

    「聞く力」こそが最強の武器である

    國武大紀 著

    新着BOOK
  • 一番伝わる説明の順番

    戦略コンサルタントが教える相手の頭を整理しながら伝える技術

    一番伝わる説明の順番

    田中耕比古 著

    BOOK